吉井和哉、盟友すかんちのROLLY・小畑ポンプと本気のヘヴィメタパフォーマンス

2015.12.05

151205-CI-101000

吉井和哉が12月9日にリリースする第2弾カバーアルバム『ヨジー・カズボーン~裏切リノ街~』より、リードトラック「青春時代」のミュージックビデオが公開された。

「青春時代」は、1981年に大ヒットした森田公一とトップギャランの名曲を、ダークかつオルタナティブなメタルに染め上げたアレンジで注目されていたが、公開されたミュージックビデオでは、そのヘヴィメタル的世界観をビジュアルの面でも徹底的に突き詰めた衝撃的な仕上がりとなった。

ミュージックビデオでは、高々と盛り付けた長髪に黒のライダース、ハイブーツという80年代正統派メタルコスチュームで身を固め、メタル愛好者のミュージシャン御用達のWARLOCKのベースを構える吉井和哉を中心に、先日の氣志團万博イベントでも共演したばかりのROLLYがギター、ROLLYバンドなどで活躍している小畑ポンプがドラムという3人でパフォーマンスを行っている。

ボーカルベースを担当する吉井和哉は、節々に80年代ヘヴィメタルのお約束ともいえる仕草(メロイックサイン、ベースを顔の高さまで掲げ、ネックを正面に向ける、ガニ股になってベースを抱え上げるなど)を織り込むという芸の細かさを見せながら、鬼気迫る表情でパフォーマンスを披露。一方のROLLYは持ち前のスレンダーなスタイルを活かしたグラムロック的パフォーマンス、ポンプはどっしりと構えた重量級メタルドラマーといった、三者三様の異なる「メタル」パフォーマンを繰り広げている。

吉井和哉がここまで本気のヘヴィメタルパフォーマンスを行ったのはティーンネイジャーの下積み時代以来であり、50歳を目前にして自らのルーツにより忠実になった吉井和哉の本気の遊び心が楽しめる今回のミュージックビデオはファン必見だ。

さらに、今回のミュージックビデオに登場するZippoライターとWARLOCKベースそれぞれの企画が行われることが決定した。詳細は下記の通り。

【吉井和哉デザイン監修オリジナルZippoライター】
「青春時代」ミュージックビデオに登場しているZippoライターと吉井和哉のコラボレーションが実現し、吉井和哉デザイン監修によるオリジナルZippoライターが発売されることになった。デザインは、「Kazuya Yoshii Beginning & The End」「YOZZY KAZBORN」の2タイプで、それぞれゴールドとプラックを用意。合計4モデルがラインナップされている。2016年1月12日までの、受注限定生産。吉井和哉キュレーションサイトROVIN STREETにて予約受付を行う。

【ミュージックビデオ登場WARLOCKベース展示およびプレゼント企画】
「青春時代」ミュージックビデオで吉井和哉が使用しているベース(WARLOCK)に吉井和哉直筆のサインを入れて、12月8日~14日まで、タワーレコード渋谷店1Fにて展示が決定。また、タワーレコード渋谷店、新宿店にてアルバム『ヨジー・カズボーン~裏切リノ街~』の購入者の中から、抽選で1名にこのベースプレゼントされるという大盤振る舞い企画も決定。ふるってトライしてみよう。


リリース情報

2015.12.09 ON SALE
ALBUM『ヨジー・カズボーン~裏切リノ街~』


ライブ情報

Kazuya Yoshii Beginning & The End
12/16(水)大阪・Zepp Namba(OSAKA)
12/18(金)福岡・Zepp Fukuoka
12/25(金)愛知・Zepp Nagoya
12/28(月)東京・日本武道館


ROVIN STREET

吉井和哉 OFFICIAL WEBSITE


151205-CI-101001 151110-TR-160008

151110-TR-160009

[CD]

151110-TR-160010

[LP]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人