超特急の大躍進に繋がった、8号車をもてなすための特別な一夜がよみがえる!

超特急

2015年、つねに話題が絶えなかった超特急。彼らにとって充実した一年になったことは間違いないだろう。そんな彼らが2014年に開催したクリスマスライブが待望の映像化! 8号車(ファン)への想いに溢れた本公演について振り返ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BYフジジュン
PHOTOGRAPHY BY キセキ


僕たちが8号車にクリスマスを提供する

──2014年12月、東京国際フォーラム ホールAにて開催されたクリスマスライブが映像化。クリスマスライブを振り返って思うことは?

コーイチ まずは2015年がすごく濃かったので、あれ(クリスマスライブ)からもう一年経つんだ! と驚きました。

タカシ 映像を観て、すごいライブをしてたんだ! と改めて思いましたね。あの日は超特急ならではのクリスマスを演出して、「Christmas Medley(Jingle Bells~タカシのWinter Wonderland~Deck The Halls~We Wish You A Merry Christmas~Joy To The World)」を披露したり、合唱やハンドベルをやったり、一日限りの演出もたくさんありながら、超特急にしかできないことをたくさん詰め込めたなと思って。

──映像観て、また泣いちゃった?(笑)

タカシ いや、泣きはしなかったですけど(笑)、あのときの気持ちは思い出しました。

リョウガ (タカシが)泣くだろうと予感してたんですけど、僕が話してる最中に泣き始めて(笑)。でも僕もMCはライブで思ったことをそのまま話してたんですけど、想いがこみ上げて、言葉を失ってしまって……。

タクヤ 俺、あのとき、8号車の子が一緒に泣いてくれてたのを見て、グッときたな。

カイ このライブは“クリスマスショー”ということで、8号車と一緒に盛り上がるいつものライブとは少し違ったんですよ。僕たちが8号車にクリスマスを提供するって意識が強くて。一曲一曲に魅せる部分があったので、楽曲の世界観もより明確に見せられたんじゃないかと思ってます。

コーイチ プロジェクションマッピングの演出も本当に素晴らしくて、ひとつのセットが曲に合わせて様々なシーンに移り変わっていったんですよ。「Bloody Night」のガイコツの3Dとか、「One/O Signal」でボールが追いかけ合うシーンとか、「超特急でこんなすごいことやらせてもらえるようになったんだ!」 と思ったら、すごくうれしかったです。

ユーキ 僕もリハーサルで「Snow break」の演出で「僕たちがこんな素敵なところで踊れるんだ」と思ったら、涙しちゃいましたね。

タクヤ そのときの超特急史上最大規模のライブということで、会場を観に行ったときに本当に広くて驚いたのを覚えています。(ライブに向けて)高まってた自分たちの気持ちも忘れないし、ステージの上から見た無数のペンライトや8号車さんの笑顔も忘れられない。あの場所に立てて、ああいうライブを披露できたのはその後の自分たちにとってすごい武器になって、しっかり2015年に繋げられたんだと思います。

ユースケ 僕もあの日、8号車とそれまで以上に一体になれた感覚がありました。ステージからの景色がきれいで……忘れられませんね。もっと大きな会場で、あんな景色を作れたらいいなと思います。

心や気持ちは変わらず近くにいて、繋がっている

──あれから1年。12月23日・24日には代々木第一体育館での2デイズライブが決定。濃厚だった2015年の集大成的ライブでもあります。

カイ 今年は今まで以上に初挑戦なことが多い一年でした。映画、海外公演、ドラマの主題歌……といろんなところから得た経験値があるので、去年とはひと回りもふた回りも違った部分を見せられるんじゃないかと思ってます。

ユーキ ライブもホールツアーとかいろいろあったなかで、以外と“男祭り”が大きくて。意識も変わったし、野性的になりました(笑)。

タカシ あとはジャカルタでライブできたことも大きいですね。アウェイとか、そういう次元の話じゃないんだけど、行ってみたら現地の8号車がいて、ウェルカムボードを作ってくれてたり、ライブもむちゃくちゃ盛り上がってくれて。すごく自信になりました。

──では、代々木第一体育館ワンマンへの意気込みも聞かせてください。

コーイチ 今年、みんなで目標にした舞台についに立てるということで、集大成でありながら、また次への大きなステップを登ることになると思うんですね。8号車のみんなが、これからも超特急について行こうと思えるようなライブにします!

カイ “Fantasy Love Train”ってタイトル通り、会場に着いた時点で夢の国に来たような楽しいライブにしたいし、終わった後に「まだ物足りない!」と思わせて、その先の未来が見えるようなライブにしたいですね。

タクヤ 今回は超特急のモチーフである、“電車”がテーマです。超特急といえば、これだ! というのも改めてわかってもらえる気がします。「超特急に乗車してて良かった!」と感じられるライブになると思いますよ。

リョウガ 超特急史上最大規模のライブということで、物理的な距離を感じて寂しく思ってしまう人もいるかも知れないけど。心や気持ちは変わらず近くにいて、繋がっているんだってことを再確認してほしいですね。

ユーキ うん、去年を超える超特急は確実に見せていきたいけど、8号車との距離は全然変わらないので。僕たちの成長を見届けつつ、ここからも一緒に走り続けてほしいです。

ユースケ 2日間あるけど、一曲一曲に8号車さんへの気持ちを込めて歌いたいと思うので、ここから必死で準備したいと思ってます。

タカシ まさかの代々木! しかもクリスマスワンマン2デイズ!! こんな贅沢なことはないと思うので、この2日間はず〜っと超特急づくしでいられる日にしたいので。超特急の世界に飛び込んで、思いっきり楽しんでもらいたいです。代々木で待ってるで!

【朗報】明日からはライブへの想いを語る、ソロインタビューを掲載!


リリース情報

2015.12.02 ON SALE
Blu-ray「BULLET TRAIN ONE MAN “CHRISTMAS”SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!〜聖なる一夜 at TOKYO INTERNATIONAL FORUM HALL A」
SDR

151202-YS-005709¥7,000+税
詳細はこちら


ライブ情報

超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~
12/23(水・祝)東京・国立代々木競技場 第一体育館
12/24(木)東京・国立代々木競技場 第一体育館
詳細はこちら


MUSIC ON! TV(エムオン!)

150601-YS204201
音楽チャンネルMUSIC ON! TVのプログラム「サキドリ!」超特急が登場!

「サキドリ!~ZOOM UP!~」
[初回放送]毎週月曜~金曜 6:00~6:10
[リピート]毎週火曜~土曜 16:50~17:00/26:50〜27:00
※MUSIC ON! TVはスカパー!で放送されている音楽チャンネルです。

【月刊 超特急】
番組が注目する話題のアーティストや、今後活躍を期待する新人アーティストについて5日間日替わりの内容で1週間ググッと迫る!
[第1週] 11/30(月)〜12/04(金)
[第2週] 12/07(月)〜12/11(金)
[第3週] 12/14(月)〜12/18(金)


プロフィール

151202-YS-005708

チョウトッキュウ/コーイチ(1号車、BACK VOCAL、お父さん担当)、カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)、リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)、タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)、ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)、ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)、タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)。2011年12月25日に結成された7人組メイン・ダンサー&バック・ボーカル・グループ。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人