「稽古のときは毎回聴いていた」。シンガーKUNIの記者会見に横綱日馬富士関が登場

2015.11.27

151126-YM-21170000

湘南出身のシンガーKUNIの3rdシングル「願い叶うなら」が12月2日にリリース。これに先がけ、11月25日に日馬富士関出席のもとミュージックビデオ&プレミアム映像公開記者会見が開催された。

「願い叶うなら」は、日馬富士関の亡き父への想いを、KUNIが本人に代わって歌い上げた壮大なバラードソング。ミュージックビデオには日馬富士関本人がMV初出演している。記者会見当日には、亡き父への想いを語ったプレミアム映像も初公開された。

日馬富士関は、完成した「願い叶うなら」を初めて聴いたときのことについて質問されると「まさに自分のことですから、最初は胸が苦しくて、涙が出てきた」と コメント。それ以降は毎日聴くようになり、2年ぶりの優勝となった先日の九州場所でも、ウォーミングアップ時にイヤホンで流しながら気持ちを高めていたと のこと。

一方、KUNIも「少しでも横綱の気持ちに近づけたらと、レコーディングの際はブース内で横綱の子供の頃の写真や、モンゴルの星空やご家族の写真、土俵入りなどをスライドショーにして、それを見ながら歌いました」と曲作りについての想いを力強く語った。

また、KUNI 3rdシングル「願い叶うなら」ミュージックビデオと、第70代横綱 日馬富士が亡き父への想いを語ったスペシャルムービーが公開となっているので、この機会にチェックしてみてほしい。


リリース情報

2015.12.02 ON SALE
SINGLE「願い叶うなら」


KUNI OFFICIAL WEBSITE

17437_21739_151126-YM-21170001 17437_21739_151126-YM-21170002


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人