LiSAの「BRiGHT FLiGHT@ASiA」サイン会に潜入。コメントムービーも公開!【レポート】

DSC06235

LiSA トラベルフォトブック「BRiGHT FLiGHT@ASiA」サイン会
2015年11月23日@都内某所

今年6月~7月に行ったフィリピン・マニラでの初のファンミーティング 『ANOTHER GREAT DAY~IN MANILA~』 とアジアツアー 『LiVE is Smile Always ASIA 2015』の全会場に同行し、現地でのLiSAの表情を追ったトラベルフォトブック「BRiGHT FLiGHT@ASiA」。

151123-YS-1701010

フィリピン、香港、上海、台湾、シンガポールの5ヵ国にて、彼女が訪れた場所や人気スポットで撮影しながら、アジアツアーを振り返るロングインタビューや各国でのライブ写真も収録した、LiSAと一緒に旅気分が味わえる「BRiGHT FLiGHT@ASiA」の発売を記念してのサイン会。抽選で当選した合計300名(150名×2回)が来場。

151123-YS-170105
ステージにはすでにあの方がスタンバってました。

会場に誘導された当選者はみな、少し緊張の面持ちだったが、お昼に「おはようございます!」と元気に挨拶した(笑)LiSAを前にすると、彼女の笑顔につられて自然と緊張がほぐれ、デート(ライブ)同様のアットホームな空間が生まれていた。

151123-YS-170106
モモコもいるよ! LiSAちゃんに気をとられ過ぎて忘れないでね!!

サイン会を開始する前、司会者(LiSAのA&Rスタッフ)の「どの国がいちばん良かったか?」という投げかけに対し、「全部!」と即答するLiSA。どの土地にも、そのとき、その場所でしか経験できないような出来事がたくさんあったようで、逆に来場者のLiSAッ子たちに「どの国の写真が良かった?」と質問。挙手の人数がいちばん多かったのは台湾、次いで挙手の勢いがいちばん良かったのはシンガポールという結果に。

151123-YS-170102

151123-YS-174001

「シンガポールは水着になってるからでしょう?」「みんな露出が好きなんだなー(笑)」と来場者にツッコミを入れつつ、香港でAngel Beats!をきっかけに親交を深めているLiaからプレゼントされた白い衣装を上海にて着用し、撮影に臨んだこと。シンガポールではザ・ビートルズやローリング・ストーンズといったロックスターたちのサインが飾られている部屋に偶然宿泊できたこと(その部屋に宿泊できたことをきっかけに室内でも撮影することに!)……などなど。各地の思い出話も披露してくれた。

151123-YS-170108

そして、「一つひとつ大切に(サイン)書かせていただきます」というLiSAの言葉から始まったサイン会。「こんにちはー!」「元気?」「外、寒かったでしょ?」「(LiSAの衣装をマネしていると言われ)うわーすごい! ありがとう!」など、一人ひとりと笑顔で言葉を交わし、心を込めてペンをはしらせていく。

151123-YS-170107
サインは“いちばん好きなページ”ということで、みんな思い思いのページを選んでいます。

151123-YS-170104
お腹にいるときからLiSAの曲を聴いていたという、英才教育を受けているファンも!

151123-YS-170103
完全にメロメロです(笑)。

短い時間ながらも、ファンとともに過ごすことができたサイン会。ファンはもちろんのこと、LiSAにとっても最高の一日だったに違いない。

151123-YS-170109
ご来場、まことにありがとうございました! ばいちー☆

LiSAからのコメントムービーはこちら!


リリース情報

2015.10.20 ON SALE
BOOK「BRiGHT FLiGHT@ASiA」

151123-YS-11111
¥2,963+税
詳細はこちら

2015.12.02 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ID」
アニプレックス
詳細はこちら


ライブ情報

LiVE is Smile Always 〜メガスピーカー〜
12/23(水・祝)千葉・幕張メッセ国際展示場
詳細はこちら


プロフィール

リサ/岐阜県出身、6月24日生まれ。アニソンやJ-POPといったジャンルの壁を超えて、様々なフィールドで活躍する女性ボーカリスト。ラウド系ロックからポップスまでを歌いこなす、その変幻自在な音楽性はアニメファンだけでなくロックファンからも支持され、数々のアニメフェス、ロックフェスに出演。確固たる存在感を発揮している。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人