世界が注目する10代バンドのギラギラと輝く若さがまぶしすぎる

2015.08.30

M-20150830-MK-1927

日本の若者は彼ら彼女らを見て何を思う!?

今夏に待望の2ndアルバム「リトル・ヴィクトリーズ」をリリースしたザ・ストライプス。平均年齢16歳という若さでデビューし、現在世界中を飛び回る大人気バンドだ。卓越した音楽的な才能もさることながら、若いエネルギーに溢れた勢いのある楽曲で世代を問わず多くのロックファンを虜にしている。今回はそんな一触即発の若いエネルギーに注目! ギラギラ輝く若さで世界中にファンを持つ大注目バンドをご紹介!

 

◎ソニー・ミュージックと約1億7000万円で契約した中学生メタルバンド

https://youtu.be/Lf-arntrLkI
Unlocking the Truthはアメリカの中学生メタルバンド。2014年にはソニー・ミュージックと約1億7000万円の契約を結び、あのマリリン・マンソンのライブにも出演した大物バンドだ。パッと見はかなり幼いがちょっと生意気そうな雰囲気と圧倒的な演奏力で世界から大注目されている。ちなみにこの動画ではなんと11歳と12歳! 日本だったらまだ小学5年生と6年生なわけで、その華奢な体にも納得だ。

 

◎バルセロナ出身の15〜18歳男女で構成される超新鋭


2015年現在、15〜18歳のメンバーで構成されるMournはスペイン、バルセロナ出身のバンド。マック・デマルコやダイヴで有名なインディーズレーベル、キャプチャード・トラックスと契約し、ぐんぐんと知名度を上げている。授業やクラスの男子のバカ話に退屈して作り始めたという楽曲はまさに10代の葛藤そのもの。今年2月に1stアルバムをリリースしたばかりでこれからの活躍に期待が高まる。

 

◎最年少バンドメンバーは9歳の3姉妹バンド


メキシコ在住の大人気カバーバンドThe Warningは、9歳、12歳、14歳の女の子で構成される三姉妹バンド。AC/DCやメタリカなどヘビーなバンドをたった3人で演奏しまう最強三姉妹だ。オフィシャル動画の再生回数は最高で890万回に達し、ローリング・ストーン誌のウェブサイトなど、多くのメディアに取り上げられている。演奏技術もたしかなものだが、それ以上に伝わってくる楽器や音楽へのまっすぐで強い気持ちが多くのロックファンを熱くさせているに違いない。

 

明治時代の詩人・思想家の与謝野晶子は「愛の創作」の中で“若さ”について次のように語っている。“「若さ」の前に不可能もなければ、陰影も無い、それは一切を突破する力であり、一切を明るくする太陽である”。まだまだ若過ぎる彼らが社会に出るにあたって、きっと多くの壁が立ちはだかるだろうが、彼らの輝く若いエネルギーで思いっきりぶっ飛ばしていってほしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人