ken(L’Arc~en~Ciel)/放談我報OUTLET 第70談

150529-UK-121001

大のオトナが無邪気にフリー・トーク。
雑誌「WHAT’s IN?」好評連載のアウトレット!

第70談

70

150601-UK-195301
K いつもバシバシとツッコミを咬ましていく本誌編集担当①だが、隣の席のY女史のパワーを全身に浴び、後半は汗が止まらなくなる。

S この連載で数ヵ月前に結婚報告をした、レコード会社のラルク アン シエル担当。新居探しの悩みをYが一刀両断!

Y “やればできる!”の精神をパワフルに語りながら、寿司に付いてきた大好物のガリをひたすら食べ続けていたライター女史。

ken 新メンバーの完璧な自己紹介に感心する当連載マスター。初めて耳にした“シツジカフェ”やら“デンワウラナイ”にも興味津々。

M 都内の某ライヴハウスをこよなく愛する本誌編集者。カッコよすぎる自己紹介で、今後の野望も明らかになる!?

H 話題の世界遺産・マチュピチュなどを巡る10日間の旅行をしてきた、kenのマネージャー。お土産話はWEBにて披露します!

F 今回も初参加の後輩を引き連れてきた弊誌編集担当②。前回の反省を活かし、今回は新人紹介の場面を事前にイメトレ済み。

 

今回は遅れて取った夏休みでマチュピチュに行ってきたkenのマネージャー・Hの旅行秘話が満載! しかしみんなはマチュピチュの魅力の話よりも、Hの妹さんや、運命の出会いがあったのかどうかのほうが気になり……。さらには本誌編集部の徹夜事情に深く突っ込んだ今回の放談我報。相変わらず自由に散らばる7人の雑談をお楽しみください――アウトレット!

 

高尾ピチュ的な!

 

K 今日初参加のMは、音楽が好きで、その音楽を伝える仕事がしたくて、ライヴハウスに通うのが趣味でって、パーフェクトな面接の答えみたいだよね。

H 完璧すぎますよね。絶対どこか抜けてるところがあるはず! 何かないですか? 例えば、ドジな一面とか。

Y 親しみを覚えるためにもぜひ!

M ……(考える)。そういえば、3歳のとき、水着の着方がわからなくてパンツをはいたままその上に水着を着ちゃったんですよ。そのままプールに入っちゃって、あがったら着替えがなくて、大号泣した、という思い出なら……。

Y かわいい!

ken 3歳までさかのぼらないとドジネタがないってこと!?

M でも女子力はないと思います。会社に4日間くらい平気で泊まったりすることもあります。

ken 編集作業が、忙しくなったりするときってこと?

F そうですね……。私はもう徹夜はあまりしなくなったんですけど、Mはまだ徹夜が多いよね。

M はい。データ班は細かい仕事が多いので、どうしても徹夜しないと追いつかないんです。

F このデータ班の徹夜っていうのは、新しく編集部に入ったみんなが通る道なんですよ。

Y なんか“編集者への道”っぽくていいですね。

F でも、お風呂に入れないのがいちばんキツイんですよね。

K 女子にはキツイよなぁ。

Y でも、絶対に帰れない、というワケではないんですよね?

M そうですね。

ken 帰ってる間の睡眠時間がもったいないの?

M いちばんはそれですね。帰ろうとも思うんですけど、家から編集部まで片道1時間はかかるので、その時間を睡眠に費やしたいんです……。なので月の半分は編集部で寝ている気がします。

S そんなに寝たいですか?

H 私も前職のときは営業をしていたんですけど、どれだけ電車で眠れるかを考えに考えて営業の行く先を組み込んでいましたもん。

S 編集部では、どんな体勢で寝てるんですか!?

M 最近、会社用に枕を買ったので、抱えて机の上でこうやって寝るんです(ニヤリ)。

K おお、寝るときは幸せそう(笑)!

ken 表情付きだった(笑)!

S でも、月の半分はライヴハウスに行っているんですよね?

M はい。

Y となると、家に帰るときはライヴのときなんですね。

M ……そうなりますね(笑)。

K なんか、音楽業界で働く人の鑑だね。

ken そういえば、Hはマチュピチュに行ったんだよね?

H プライベートで行ってきました! 皆さん、アルパカの人形を買ってきたのでどうぞ〜。

S マチュピチュにアルパカがいるんですか?

H そうなんですよ。あとは野生のリャマがいるんです。すごいかわいかったんですよ。リャマは警戒すると、すごい臭いツバをかけるらしいので、警戒して近づいたら……。

Y かけられた!?

H いや、かけられなかったんですけどね(笑)

K かけられなかったのかよ(笑)!

S 今、かけられる期待感すごかったですよね(笑)。

K 運命の出会いはあったの?

H 飛行機の中で出会った、地元に住んでいるというおじさんに“案内するよ”って親切に何回も言われたんですよ。でも、ツアーで行ってたから “いいです、いいです”って断ってて……(笑)。

全員 うんうん。

H あとは、お土産屋さんの若い人がすごくステキで。まぁ、何も話せなかったんですけど(笑)。

全員 うんうん。

H それくらいですかね。

K 絶対もっとあるでしょ(笑)!?

全員 あははは(笑)。

H そういえば、マチュピチュの“ピチュ”って、峰とか山という意味らしいんですよ。

Y おぉ、じゃぁ富士ピチュ的な!?

ken 高尾ピチュ的な!

K マチュ山的な!

H そうです、そうです! あとは、やっぱり遺跡がすごくキレイで、感動しましたね〜。

ken 遺跡の写真の撮り方で、一緒に行った妹とケンカしたんでしょ?

H そうなんですよ(笑)。

S ちなみに妹さんはどんなビジュアルなんですか!?

Y そこ、気になりますか(笑)?

S 一応、大事ですから(笑)。

H (写真を見せて)これが妹です。どうですか?

S ほう!

Y 何が“ほう”ですか(笑)!? ちなみに、なんでケンカしたんですか。

H やっぱり、旅行先で遺跡があったら、写真は勝負じゃないですか。だから、遺跡と私を自分の思い描くアングルで撮影してほしいのに、なかなか上手く撮ってくれなくて、撮影するたびに「もっとこっち」って指摘してたら、プンスカしだしたんですよ(笑)。

K ほほえましいね〜。

H ちなみに、もうちょっと足を伸ばして、イグアスの滝の映像も撮ってきたんですよ。

(映像を見せる)

全員 おおおおおお!

ken これは行きたくなる映像だね! この滝の上に歩道があるの?

H そうなんですよ。だからすごい水がかかるのでびちょびちょになりながら歩くんです。

S ちなみに妹はどれですか?

Y どんだけ妹気になるの(笑)!?

H あと、クスコという街にも行ってきたんですが、すごく標高が高くて息苦しいんですよ。

K あぁ、だってアスリートが高山トレーニングをする場所がクスコだったよね?

H そうなんですね。たしかに、1階から2階に上がるだけでツアーで一緒だった日本人の女の子は顔が真っ白になっちゃってたんですよ。

Y すごい体験ですね〜。

F マチュピチュ、昔から一度行きたいと思っていたんですよね。

H すごいステキなところでしたよ! オススメです!

F あの、最初のほうに言っていた飛行機の中で一緒になったおじさんはもう登場しないんですか?

K 俺も思った! アレはなんかの伏線じゃなくて!?

H いや、あれきりの出演ですね(キッパリ)。その後二度と会うことはありませんでした(笑)

全員 あははは(笑)

 

今月の”おみや当番”【S】

盛り桶のパーティ寿司

豪華なネタ10種類を詰め込んだ、まさに寿司の宝石箱。
みんなで囲んでつまむとさらにおいしさアップ!
omiya21

 

インフォメーション

ケン/1994年にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビューしたL’Arc~en~Cielのギタリスト。結成20周年イヤーを締め括るワールドツアーが大成功を収めた。アルバム『BUTTERFLY』、トリビュートアルバム『L’Arc~en~Ciel Tribute』、ライヴベストDVD「LIVE TWENITY」が発売中。詳しくはHPへ。

 

バックナンバーはこちら >>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人