いつもの空間が劇的共有空間に!選んで、買って、恋をして……なショッピングセンターMVの世界

2015.11.09

M-20152023-MK-2023

多くの人が普段からなにげなく利用する「ショピングセンター」が音楽と演出で劇的空間に変わる! 誰もが訪れたことのある日常的な空間が、少々大げさに、しかもドラマチックな演出で盛り上げるミュージックビデオを紹介しよう!

 

◎イケメンはショッピングセンターでベッドインする!

動画はこちら

まずはバンクーバーオリンピックの閉会式でも歌ったカナダの国民的スター、マイケル・ブーブレ。「Haven’t Met You Yet」のミュージックビデオでは、冒頭でマイケル・ブーブレがカートを押して普通に買い物をしているが、ブロンドの美人女性と目が合った瞬間、恋に落ちる!

その後はショッピングモール内の客が踊りだし、楽隊も登場! ふたりの恋を盛り上げる。最後は、紙吹雪が吹き荒れる駐車場にて全員でダンスする、ミュージカルのようミュージックビデオだ。

注目したいのは、客が踊りだす前のシーン。商品棚の間を自由自在に動きまわるベッドが突然登場し、ふたりはバッチリとベッドイン! マイケル・ブーブレの規格外のイケメン力を目の当たりにできる良作だ。

 

◎客全員が買い物袋を……! シュール過ぎるショッピングセンターでの恋


次は日本のオルタナティブバンド、QomolangmaTomatoの「FIVE SENSES-FIVE MINUTES -自分のしがらみに溺れるな-」だ。この曲のミュージックビデオでも「ショッピングセンター内での恋模様」が描かれる。しかしこちらは徹底的にシュール!

まずショッピングセンター内の客は全員、買い物袋(アメリカ風の紙袋)を被っている。そんな異様な雰囲気のなか、ある男女が商品棚の前でぶつかる。「恋に発展するか?」と思いきや、女性は逃げるように走り去る。

一瞬にして失恋した男は、下着コーナーの試着室前で号泣。すると試着していた女性がカーテンを開け、運命的な再会! そしてふたりは盛り上がり……という難解なドラマが展開されるのだ。

QomolangmaTomatoのハードコアなサウンドと合わさって、異様な世界が生み出されている怪作だ。

 

◎ショッピングモールがEDMの流れるクラブに変貌! でもなぜ?


最後はファンキー加藤が大胆にEDMを導入したことで話題となった「MUSIC MAGIC」。このミュージックビデオでは、どこの郊外にもありそうな普通のショッピングモールに突然ファンキー加藤が登場! 買い物客に魔法をかけながら歩きまわり、最後はモールの広場で、クラブのように盛り上がる!

ファンキー加藤の音楽に対する決意表明を歌った熱い楽曲であるが、ではなぜショッピングモールが舞台なのだろうか? 実はファンキー加藤にとって、ショッピングセンターは買い物をする場所ではなく、重要なライブ活動の拠点。

ソロ活動を始めた2013年の初めてのツアーでも、地元・八王子の京王八王子ショッピングセンターを皮切りに全国のショッピングセンターでのインストアライブツアーを行った。それほど、ファンキー加藤の「ショッピングセンター愛」は強いのだ!

 

日本ではコストコやイケアのような海外の大型店舗が増えてきている。今後はこういったところもミュージックビデオの舞台になるのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人