今のJ-POPシーンがわかる!?音楽ブロガーが「ミュージックステーション」を定点観測!(8月分[前編])

M-20150901-MK-0122「ミュージックステーション」の放送内容を基に最新のJ-POP事情についてお届けするこの連載。8月に放送されたMステは7日、21日、28日の3回(28日は2時間スペシャル)。今月も様々なトピックがありましたが、まずは最近のブームを背景に生まれたあらたなシーズンソングの話からどうぞ。

 

きゃりーぱみゅぱみゅ、AKB48:ハロウィン大戦争

この2年ほどで一気に「季節の行事」として定着した感のあるハロウィン。去年の10月31日、渋谷のスクランブル交差点はあらゆる仮装をした人々でごった返しておりましたが、一方でこのイベントならではのテーマソングというのはまだ存在していませんでした。遅かれ早かれハロウィンに関する曲が出てくるだろうなあと思っていたところ……中田ヤスタカと秋元康という今の時代を代表するクリエイターが同じタイミングでハロウィンの曲を繰り出してきました。

28日の2時間スペシャルに登場したきゃりーぱみゅぱみゅの「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」は、どちらかというと「子供が仮装してお菓子をねだるハロウィン」を想起させるかわいらしい楽曲。ちょっと不気味なAメロから明るいサビに展開する感じがディズニーランドのハロウィンイベントっぽくて面白かったです(Aメロはホーンテッドマンション、サビはイッツ・ア・スモールワールドという感じ)。“ぱんぱらぱんぱん”なんていう擬態語の連発もきゃりーちゃんの曲っぽい。

同じく28日に出演したAKB48の「ハロウィン・ナイト」は、きゃりーぱみゅぱみゅの曲に比べるとより「派手なメイクも過激な露出もある最近のハロウィン」に寄せたような感じのディスコナンバー。「クラブじゃないんだ、ディスコだよ!」という宣伝コピーが用いられているこの曲、ディスコというある種レトロなモチーフを最新のイベントと組み合わせる温故知新とも言うべき手法は最近のトレンドと合致しているとも言えます。この日は曲の間奏にてマジックを7連発で披露するというパーティ仕様の演出がありましたが、トリを飾った「指原莉乃が檻にマントをかけ、マントを取ると高橋みなみが現れる」というマジックがまさかの失敗。歌い終わった後に土下座をして謝罪するたかみなでしたが、トラブル大好きなタモリは「久しぶりにこの番組で大笑いさせてもらいました」と大喜びでした。ちなみにこの「ハロウィン・ナイト」は先日行われた選抜総選挙で選ばれた16人による楽曲ですが、総選挙で9位となったぱるること島崎遥香は体調不良で活動をお休みしており、17位の兒玉遥が繰り上げでMステの出演メンバーに名を連ねていました。選抜に入れず悔し涙を流していたはるっぴ(詳細はこちらの記事でどうぞ)、来年は繰り上げではない正真正銘の選抜メンバーとしての姿を見たいものです。

 

EXILE、SKE48:先人の旅立ち

当連載でも度々取り上げている芸能事務所・LDH関連のグループ。メンバーの入れ替えや新ユニットの結成など絶えず話題を発信していますが、そんななかでEXILEのオリジナルメンバーでもある松本利夫、EXILE ÜSA、EXILE MAKIDAIがパフォーマーを卒業するというビッグニュースが飛び込んできました。そのEXILE、7日のMステに卒業発表後初めて出演。トークパートでは「3年くらい前から卒業については話し合っていた」と明かして「そんな前から?」とタモリを驚かせていましたが、EXILE ATSUSHIは「(卒業しても)仲間なので関係性は変わらない。これからも3人をバックアップしていきたい」と熱くコメント。この組織の繋がりの強固さが垣間見えた瞬間でした。3人が抜けてしまうとEXILEのメジャーデビュー当時のメンバーはついにATSUSHIだけになり、それに加えて他のグループ(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)との掛け持ちメンバーの比率が相対的に高まるわけで、EXILEをピラミッドの頂点としたLDHの組織構造も今後変わってきそうな予感があります。この辺の状況は、「ハロウィン・ナイト」の選抜のうち純粋なAKB48のメンバーが半分に満たない48グループとも似ていますね。この日披露されたのは新曲「24karats GOLD SOUL」と代表曲「Rising Sun」の2曲。「24karats GOLD SOUL」は三代目J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」の作詞作曲を担当したSTYによるもので、サビの歌詞でさりげなく韻を踏んでいるのが面白いです。

21日に出演したSKE48においても、中心人物のひとりである松井玲奈が8月いっぱいで卒業するという大きな転換点になりそうな発表が6月にありました(8月30日の豊田スタジアムでのライブをもって卒業)。「W松井」として共にグループを引っ張ってきた松井珠理奈が「朝の4時にメールで知って、そのあと電話して1時間泣き続けていた」と話していましたが、こちらもEXILEと同じく松井玲奈卒業によりSKE48に在籍する1期生は松井珠理奈と大矢真那のふたりだけとなるわけで、一時代を築いた様々なグループに世代交代の波が押し寄せていることを実感します。卒業シングルとなる「前のめり」は最初で最後となる松井玲奈単独センターの楽曲で、作曲は乃木坂46「制服のマネキン」でもおなじみの杉山勝彦(USAGI)。明るさの中に胸が締め付けられるような切なさが込められたこの曲のメロディは、今年のアイドルソングにおいて屈指の素晴らしさではないかと思います。

 

前編は以上。後編では大ベテラン加山雄三やジャニーズの方々について取り上げたいと思います。次回の更新(9月2日予定)をお待ちください!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー)

【2015年8月7日放送分 出演アーティスト】
KANA-BOON「ダイバー」
関ジャニ∞「前向きスクリーム!」
ゆず「終わらない歌」
花岡なつみ「夏の罪」
EXILE「24karats GOLD SOUL」「Rising Sun」
THE King ALL STARS「continue」

【2015年8月21日放送分 出演アーティスト】
Mr.King vs Mr.Prince「サマー・ステーション」
福山雅治「Squall」「I am a HERO」
家入レオ「君がくれた夏」
miwa「夜空。feat.ハジ→」
ポルノグラフィティ「オー!リバル」
SKE48「前のめり」
MONGOL800「あなたに」「himeyuri 〜ひめゆりの詩〜」

【2015年8月28日放送分 出演アーティスト】
モーニング娘。’15「Oh my wish!」
きゃりーぱみゅぱみゅ「Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜」
V6「Wait for You」「MUSIC FOR THE PEOPLE」「TAKE ME HIGHER」
AKB48「ハロウィン・ナイト」
森山直太朗「夏の終わり」「生きる(って言い切る)」
嵐「愛を叫べ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人