ミュージシャンの課外活動連載!「みんなの映画部 #17 [後編]」

M-20150808-MK-1519 Base Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間と映画を観てひたすら語り合うプライベート課外活動連載。今月は、B級……いや、C級、D級クラスの怪作を観賞。「みんなの映画部」の幅がいろんな意味で広がりました!

TEXT BY 森 直人(映画評論家/ライター)


活動第17回『Mr.タスク』[後編]
参加部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子(チャットモンチー)

「映画部」で、まさかコレが来るとは思わなかったなあ

小出祐介 ちなみに話題のネタとしては、主人公のポッドキャストの相棒役がハーレイ・ジョエル・オスメント。「シックス・センス」の天才子役が、今めっちゃ太ってるんだけど、これも正直どうでもいい(笑)。

──完全に出オチでしたね。

小出 「めっちゃ顔、真ん中に寄ってるなあ」って。顔のパーツの距離感だけは変らずに太ったなあ、ぐらいの感想ですよ。あとは何も別に……。

福岡晃子 (苦笑)。本当に昼下がりのジョーク映画だ。でも「映画部」で、まさかコレが来るとは思わなかったなあ。今までは好き嫌いは分かれても「意味のあるもの」ばかりだったやん。

小出 俺もここまで無意味な映画とは思わなかった!(笑) でもね、全っ然アリなんですよ。今の余裕のない日本で、これがちゃんと映画館で公開されたこと自体が素晴らしい。正直、“DVDスルー(映画館で上映せずDVD化)”でもおかしくないじゃない?

──レンタル店では「ムカデ人間」の隣に並べられて。

小出 そうそう。だから「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」に対しての「チュパカブラ・プロジェクト」と同じラインですよ(笑)。でも、家で観たら「変なの借りちゃったなあ」って終わってたかもしれないけど、それを真剣に映画館で観るっていう。そういう事象を楽しむという意味ではすごく楽しかったですよ、僕は。アメリカより、カナダがメインの舞台になっているのも土地柄的に面白かったし。向こうではユーチューバーみたいにポッドキャスターがいっぱいいるのかなぁ、とか。

俺、ジョニー・デップが出演している映画は初めて観た

──たぶんDVDスルーにならなかったのは、オスメントくんの話題に加え、ジョニー・デップが出演しているからだろうね。

小出 あっ、そうか! 後半ガッツリ出てるんだけど、パンフにはクレジットも載ってない。あの帽子かぶって、口ひげ生やした酔っぱらいの探偵役。

福岡 ええっ、そうなん? あの寄り目してた人?

小出 そうそう。

福岡 全然わからなかった。あまりにも堂々と出てるのに(笑)。

小出 「インターステラー」におけるマット・デイモン(重要な役どころで出演するが、公開に当たっては情報を伏せられていた)的なびっくり感? でも、こっちのジョニデは出てきてもよくわからない(笑)。

福岡 じゃあ「ジョニー・デップを探せ」的な企画が売りになってたのかな(笑)。でもジョニデのファンらしき女子は客席に見当たらなかったけど……。

小出 女性のお客さん、あっこの他にひとりだけいたよ(笑)。ちなみに俺、ジョニー・デップが出演している映画は初めて観た。

──なんと!

小出 「パイレーツ・オブ・カリビアン」とか観るきっかけがなくて。

福岡 「シザーハンズ」は?

小出 観てない。

福岡 人間をパイにして食べるヤツ(「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」)は?

小出 観てない。実は俺、ティム・バートン監督が全然ダメなの。ジョニデってティム・バートンとよく組んでるでしょ。「チャーリーとチョコレート工場」とか。

福岡 私は「シザーハンズ」、すごい好きだよ。実はわりと最近観たんだけど、結構変わってる映画だった。しかしまさかセイウチ人間の映画で……。

──部長がジョニデ童貞を切っちゃったとは(笑)。

小出 いや〜、全然実感ないんですけど(笑)。

C-20150808-MK-1516当連載では毎回パンフレットを購入して感想会に臨みますが、今回はあまり活用されなかったなあ……。

C-20150808-MK-1517小出部長が着てきた私服。現在、小出部長が月曜日のメインパーソナリティーを務める「真夜中のニャーゴ」でアベンジャーズ解説をしていましたが、内容が狂気過ぎるのでぜひご確認ください。(アーカイブはPCからのみ閲覧可)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人