音楽ブロガーが「ミュージックステーション」を定点観測!(2015年7月分後編)

M-20150806-MK-1139
月刊 レジーの「Mステ」定点観測 〜2015年7月放送分【後編】〜

Mステの放送内容を基に最新のJ-POP事情についてお届けするこの連載。8月6日に更新された前編ではロックミュージシャンやLDHの面々について取り上げましたが、後編では今月登場したボーカリストについて、そしてアーティストと番組サイドの意図ががっちりはまったかっこいいパフォーマンスについての話題をお送りします。まずはこちらから。

◎平井 堅、Superfly、水樹奈々、Little Glee Monster:歌のうまさとは……

今月のMステには「歌のうまさ」を自らの価値とするミュージシャンが多数出演していました。ここではそういった方々にフォーカスしたいと思います。

31日に出演した平井 堅は自身が作詞作曲を手掛けた「君の鼓動は君にしか鳴らせない」を披露。音程ぶれた? という瞬間もありましたが、特徴的な鼻濁音やファルセットの抜けの良さなど相変わらずの表現力を見せつけてくれました。

同じく31日に出演していたのがSuperfly。「熱闘甲子園」のテーマソングとなっているバラード「On Your Side」を披露しました。トレードマークである窓ガラスが破れてしまいそうなパワー全開唱法はこの曲ではやや抑えめ。随所で声を張る部分はありながらも、どちらかというと歌詞を噛みしめるようなパフォーマンスでした。勢い任せではない、音符をしっかり掴むような歌い方もまた彼女の真骨頂です。

24日にMステ初出演を果たした水樹奈々は前述したSuperflyと同じくパワー系の歌唱が特徴。元は演歌歌手を目指していたという紹介がありましたが、この日歌った「Exterminate」の冒頭部のアカペラで見られた節回しやビブラートの使い方にはたしかに演歌っぽさを感じました。

水樹奈々と同じ24日のトップバッターとして出演して新曲「人生は一度きり」を披露したのが、こちらもMステ初登場となったLittle Glee Monster。“歌うま女子中高生”という触れこみの通り個々人のボーカル力には目を見張るものがある一方で、コーラスワークを聴かせようとしたかと思えば作為的なフェイクが入ったり、どういうテイストのグループにするのかいまだ方向性が決まってないんだろうなあという印象も。さかいゆうとのコラボレーション曲では聴き惚れてしまうようなハーモニーを作り出すなど実力は折り紙つき。今後の飛躍が楽しみです。

 

◎椎名林檎、SEKAI NO OWARI:カリスマたちの新境地、それに応える番組の心意気

31日の放送に出演した椎名林檎。紺色の落ち着いた浴衣で登場し、コカ・コーラのCMソングでもある新曲「長く短い祭り」をテレビ初披露しました。楽曲の世界観に合わせたお祭りのやぐらを模したセットに普段とは違う縦書きの歌詞字幕という番組側の万全のサポートに応えるかのごとく、同じく浴衣を着たデュエット相手の浮雲(ペトロールズ、ex.東京事変)と共にボコーダーを駆使した最高にかっこいいパフォーマンスを披露。ふたりに挟まれた鍵盤のヒイズミマサユ機の立ち姿も決まっていたし、総合的に見てここ最近の歌番組の中でダントツにクオリティの高いステージだったように思えます。トークパートでは平井 堅と「よく街でバッタリ出会う」という話題からお互いの私服について話をしていましたが、以前の放送でもaikoと街で偶然会ったなんて話をしていましたね。普段街を歩いていてもそんなにミュージシャンを見かけることもないのですが、皆さんどのあたりに生息しているのでしょうか。

同じく31日に登場したSEKAI NO OWARI。映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のテーマソングでもある新曲「ANTI-HERO」を披露しました。全編英語詞ということで「3人の英語の先生がFukaseについてトレーニングを行った」という話が取り上げられていましたが、今回は歌詞だけでなくサウンドもグローバル仕様。ダン・ジ・オートメイターをプロデューサーに迎えて制作されたこの曲は、直近のアルバム『Tree』で志向されていたキラキラした雰囲気から一転してR&Bやヒップホップの要素が強いタイトなナンバー。本格的な海外展開を見据えたバンドの強い覚悟が見え隠れします。この曲、ダークなムードを強調するホーンテッドマンション風のミュージックビデオが素晴らしいのですが、この日のMステでは怪しげな洋館風のセットでその雰囲気が再現されていました。ちょうど他の歌番組で「この曲はミュージックビデオと一緒がいいなー」と思ってたところだったので満足。

椎名林檎とセカオワ、いずれも楽曲、アーティスト、そして番組側の演出ががっちり噛み合っていて、素晴らしい「音楽番組体験」をさせてもらったなと観ていて思いました。他のテレビ局でも、単に懐かしい人にカラオケをさせるのではないこういうシーンが増えてほしいです。

 

次回のMステは8月7日。EXILEや関ジャニ∞といったいつもの面々に加えて、超大御所の加山雄三率いるTHE King ALL STARSも登場します。Mステという場とどのような化学反応を起こすのか楽しみです。それでは来月もよろしくお願いします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー)

【2015年7月10日放送分 出演アーティスト】
中山優馬「とことん Got It!」
NMB48「ドリアン少年」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Summer Madness」
JUJU「PLAYBACK」
コンチータ「Rise Like A Phoenix 〜愛は不死鳥のように〜」
Ken Yokoyama「I Won’t Turn Off My Radio」

【2015年7月24日放送分 出演アーティスト】
Little Glee Monster「人生は一度きり」
乃木坂46「太陽ノック」
DANCE EARTH PARTY + 今市隆二「BEAUTIFUL NAME」
キュウソネコカミ「MEGA SHAKE IT !」
水樹奈々「Exterminate」
近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」
MUSE「Mercy」

【2015年7月31日放送分 出演アーティスト】
ジャニーズWEST「バリ ハピ」
SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」
椎名林檎「長く短い祭」
平井 堅「君の鼓動は君にしか鳴らせない」
グループ魂「彦摩呂」
TUBE「SUMMER TIME」「あー夏休み」
Superfly「On Your Side」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人