BIGBANG、来年2月発売の新作に、約3年8ヵ月ぶりの“日本語バージョン”曲の収録が決定

2015.11.19

151111-YM-13420000
2015年、グループとして3年ぶりとなるカムバックプロジェクト<MADE SERIES>が全世界のチャートを席巻。そして、11月12日の東京ドーム公演より、海外アーティスト史上初の3年連続日本ドームツアー『BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN』を開催中のBIGBANG。

そんなBIGBANGが、2016年2月3日にリリースするJapan New Album『MADE SERIES』に、新録の日本語バージョン楽曲が収録されることが明らかとなった。

今回、新録日本語バージョンとして収録されるのは、<MADE SERIES>のなかでも高い人気を得ている「LOSER」「BANG BANG BANG」「IF YOU」の3曲。BIGBANGとしての日本語バージョン発表は、2012年6月の「MOSTER」以来約3年8ヵ月ぶりとなるもので、まさにファン待望と言えるだろう。

Japan New Album『MADE SERIES』は全7形態での発売となり、前述の「LOSER」「BANG BANG BANG」「IF YOU」3曲の日本語バージョンに加えて、これまでに公開された<MADE SERIES>韓国オリジナルバージョン8曲の計11曲を収録予定。

そしてDVD/Blu-rayには、「LOSER」「BANG BANG BANG」日本語バージョンのミュージックビデオ、韓国オリジナル<MADE SERIES>ミュージックビデオ集、2年連続ヘッドライナーとして出演した8月22日大阪・ヤンマースタジアム長居での『a-nation stadium fes. 2015』ライブ映像(約60分)、その他多数映像コンテンツが収録される予定だ。

さらに、初回生産限定となるDELUXE EDITIONには、豪華ブックレットに加え、2014年11月~2015年1月にかけ74万人超を動員した日本5大ドームツアーから、1月18日京セラドーム大阪ツアーファイナル『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 “X”(TOUR FINAL at KYOCERA DOME OSAKA)』のライブ映像(約180分)がコンパイルされるなど、ファン垂涎の超豪華内容となる。

また、全8都市15公演17万人動員のD-LITEソロアリーナツアー『D-LITE DLive 2014 in Japan ~D’slove~』のアンコールツアーとなる『Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D’slove]』のDVD&Blu-rayも、2016年1月27日にリリース。このアンコールツアーは、ファンからの熱い再演のリクエストに応え、1月~2月に国立代々木第一体育館、大阪城ホールで開催されたもの。本作品には、笑顔と感動に包まれたD-LITEにしかできないあたたかさを感じさせる、ダブルアンコールを含む全19曲3時間超えの2月1日国立代々木第一体育館公演の模様が収録される。

初回生産限定となる豪華ブックレット付きSPECIAL BOX仕様のDELUXE EDITIONは、アンコールツアー裏側に密着したメイキング映像その他に加え、2枚組みLIVE CD全16曲もパッケージング。こちらも豪華内容となる予定だ。

さらに、2016年春には『BIGBANG FANCLUB EVENT』の開催も決定。日程や会場などの詳細は後日発表となるが、ライブでは体感できないBIGBANGの魅力に触れられるファンクラブイベントも必見だ。


リリース情報

2016.01.27 ON SALE
D-LITE(from BIGBANG)
DVD&Blu-ray「Encore!! 3D Tour [D-LITE DLiveD’slove]」

2016.02.03 ON SALE
BIGBANG
ALBUM『MADE SERIES』


ライブ情報

BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN
11/20(金)、21(土)、22(日) 大阪・京セラドーム大阪
11/28(土)、29(日)福岡・ヤフオク!ドーム
12/05(土)、06(日) 愛知・ナゴヤドーム
2016年
01/09(土)、10(日)、11(月・祝) 大阪・京セラドーム大阪
02/06(土)、07(日)福岡・ヤフオク!ドーム


BIGBANG OFFICIAL WEBSITE


151119-YM-19380000
151111-YM-13420001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人