桑田佳祐×エイズ予防啓発活動“AAA”コラボグッズ今年も登場

2015.11.16

151116-TR-1400001
今年も世界エイズデーである12月1日まで半月を切った。毎年様々な形で、エイズ啓発活動“Act Against AIDS(AAA)”に参加している桑田佳祐だが、今年も昨年に引き続き“桑田佳祐×AAA グッズ”の制作・販売という形で参加することが決定した。

現在日本は、先進諸国のなかでもいまだにHIV感染が増加傾向にあり、昨年1年間の新規感染報告は過去3位に多い1,546件となった。特に20代の新規HIV感染者数は過去最多となり、潜伏期間を考えると気づかないうちに10代で感染していた可能性もある。また、新規感染全体のうち 1/3 は自分の感染にまったく気づくことなくエイズを発症したケースだ。“自分はまさか感染するはずがない”という「ひとごと感覚」が蔓延している表れと言え、特に若い世代への予防啓発は急務になっている。

桑田のAAA活動では、「“継続は力なり”という言葉を信じ、エイズを取り巻く環境が少しでもよくなるまで、今後もAAAの活動を続けていきたい」という本人の強い想いのもと、“日本のエイズの危機をなくすことができるよう、HIV/エイズの正しい知識を伝えるため” 、継続的な活動として毎年「エイズ啓発パンフレット」を制作し、全国の小学校、中学校、高校、大学、各種専門学校や保健所等へ送り届けられている。今年も新たな啓発パンフレットを制作すべく、Tシャツやコンドームケースといった“桑田佳祐×AAA グッズ”を制作・販売することが決定した。

なお、このグッズのTシャツには、メッセージや音符の文字、楽器等デザインのすべてにおいて“音楽”と、“エイズ啓発”への熱い想いが込められており、比喩表現としてそれぞれの意味合いを持たせている。桑田佳祐自身もデザイン段階から積極的に意見を出して作成したオリジナルグッズとなっており、長年AAA活動に熱心に取り組んできた桑田の思いが強く込められたスペシャルTシャツとなっている。

この“桑田佳祐×AAAグッズ”は、12月1日より、アスマートでの通信販売、および全国のAAAコンサート会場にて販売される。

音楽業界をはじめ、日本のエンターテインメント業界が中心となってスタートしたAct Against AIDS(AAA)の活動。1993年から始まった『AAAコンサート』は23年目を迎え、今年も数多くのアーティストのボランティア参加により、12月1日を中心に、東京・日本武道館をはじめ全国各地でコンサートが開催される。

そのなかでも、毎年様々な趣向を凝らしたステージが話題となる、桑田佳祐によるパシフィコ横浜でのAAAコンサートは、すでに12回を数えており、一昨年は、2008年に大好評を博した『ひとり紅白歌合戦』を再び開催した。その『第二回ひとり紅白歌合戦』も大成功を収めるとともに、終演直後からパッケージ化希望の声が殺到したため、昨年3月にDVD&Blu-ray化も実現。その収益の一部はチャリティとして、AAA活動に役立てられている。

今年は桑田佳祐によるAAAコンサートの開催はないが、上記のとおり“桑田佳祐×AAA グッズ”を制作・販売。その収益はすべて、最新のHIV/エイズ基礎知識を収録した啓発パンフレット・ポスターの制作・発送に充てられ、全国の小学校、中学校、高校、大学、各種専門学校や保健所等に配布される。


AAA(Act Against AIDS) OFFICIAL WEBSITE

A!SMART(アスマート)OFFICIAL WEBSITE

サザンオールスターズ OFFICIAL WEBSITE


151116-TR-1400002 AAA_hp_case

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人