SPICY CHOCOLATE、スキマ大橋&奇妙礼太郎迎えた新曲を配信!ジャケに市川紗椰

2015.11.14

Print

その収録参加アーティストの豪華さ、想像を超える組み合わせでつねに話題を集めてきたSPICY CHOCOLATE。今回の新曲の客演ボーカリストにはスキマスイッチの大橋卓弥と、TVCMでも話題を呼んでいるバンドマンでありロックボーカリスト、奇妙礼太郎が迎えられ、ジャケット写真には数々の雑誌でモデルとして活躍中の市川紗椰を起用。11月25日に「ミスキャスト feat. 大橋卓弥(スキマスイッチ)&奇妙礼太郎」としてシングルが配信リリースされることが決定した。

今作は、恋をした相手が自分の友達と恋に落ちていき、大きな失意とともに新しい一歩を踏み出そうとする男心を描いた、切ないバラード。

ジャケット撮影は10月某日、下北沢のスタジオで実施。SPICY CHOCOLATEのKATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLER(以下、KATSUYUKI)は起用理由に関して「SPICY CHOCOLATEは毎回曲のテーマや、楽曲参加アーティストによってジャケットのモデルさん、女優さん、タレントさんを起用しており、スキマスイッチの大橋卓弥さん、奇妙礼太郎さんというコラボレーションで、大橋さんが書き下ろした歌詞も心に沁みる楽曲となっており、どなたを起用するかを考えました。その中で素敵で、知的な女性ということで市川紗椰さんがイメージにぴったりだと思い、今回オファーさせていただきました」と語っている。

それに対し、市川紗椰は「(自分は全然違うと思っているので)素敵で知的だなんて、おかしいです。。それでも(オファーを頂き)光栄でありがたいと思いました」とうれしさを語っている。

互いの印象についてKATSUYUKIは「素敵で知的な方だと思っていたので光栄です。電車やアニメのことなど、自分が知らないことを教えてほしいです!」と語り、市川は「寡黙で怖い方かと思っていましたが、とてもフレンドリーに接していただき、楽しく撮影も行うことができました」と語った。

SPICY CHOCOLATE KATSUYUKI コメント
今回の楽曲は、幼馴染みの恋愛の中に三角関係が生まれてしまったりと、心に沁みる楽曲が完成しました。誰もがこういう思いを持ったことがあると思いますので、たくさんの人に聴いてもらって楽曲の良さを感じてほしいと思います。

市川紗椰 コメント
幼馴染みの恋愛や三角関係といった楽曲の設定が、私の「大好き設定」でした。撮影もあたたかい雰囲気の中で行うことができ、(幼馴染の恋愛や三角関係といった)楽曲の世界観としては女子が好きそうな設定ではありますが、絶対男性も共感する楽曲になっているので、たくさんの方に聴いていただきたいです。

大橋卓弥(スキマスイッチ) コメント
SPICY CHOCOLATEが僕にオファーをくれたとき、まず初めに思ったのは「なぜ僕なんだろう?」でした。
それは彼らの音楽は僕のやっている音楽とは少し違うジャンルだと思ったし、何より僕のどこに期待してもらってるのかわからなかったからです。
だからまずはSPICY CHOCOLATEに会ってみよう、直接会って話を聞いてみよう、と思いました。
そして彼らに会って話を聞いたところ、僕の、というかスキマスイッチの音楽が好きだと言ってくれました。
ただの自慢話ではありません(笑)。コラボレーションでいちばん大事なことってこれじゃないかと僕は思います。
リスペクト。コラボレーションの原点にあるべきものはそれだと思います。そしてその信頼関係のもと、お互いに切磋琢磨して化学反応を生み出す。
音楽は作ってしまえば「作品」と呼ばれます。でもそこに至るまでのドラマそれが音楽となり、化学反応を繰り返し「作品」になっていく。
SPICY CHOCOLATEは今までそうやってたくさんのコラボ作品を完成させ、そしてリスナーの皆さんの期待に応えてきたのでしょう。
そんな彼らを僕もリスペクトします。そして何より僕も彼らの仲間に入れてもらえたことをうれしく思います。
SPICY CHOCOLATEと僕と奇妙君が紡ぎだした渾身のラブソング、僕たちならではの「作品」に仕上がったと思います。
聴いてくれる人それぞれの人生というドラマのワンシーンのBGMになってくれたらうれしいです。

奇妙礼太郎 コメント
300秒間の失恋をひとつ、いかがでしょう。


リリース情報

2015.10.21 ON SALE
DIGITAL SINGLE「あなたと明日も feat. ハジ→&宇野実彩子(AAA)」

2015.11.25 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ミスキャスト feat. 大橋卓弥(スキマスイッチ)&奇妙礼太郎」


SPICY CHOCOLATE OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人