LAID BACK OCEAN、盛況のツアーファイナルでメジャー決定を発表

2015.11.12

151112-TR-150001

長い夜が明けたその先に、待ち受けているのは光と希望に満ちた世界であるはず。11月11日、代官山UNITにて行われた『LAID BACK OCEAN presents’それぞれの夜明けまえ’』は、とびきりに特別なものとなった。

UVERworldのシングル「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」でコーラス共演を果たし、ミュージックビデオ撮影にも参加したLAID BACK OCEAN、愛笑む、THE Hitch Lowkeの各フロントマンが意気投合してLAID BACK OCEANの秋ツアーにも帯同することになった、というのがコトの発端であったのだが、ツアーファイナルにあたった東京公演に限っては、LAID BACK OCEANが待望のワンマンを行うことに。

伸びやかで巧みな歌を聴かせる一方、説得力のある語り口にも定評があるフロントマン、YAFUMIのステージングは、この夜もキレキレだった。と同時に、紅一点のピアニスト、YUKAを擁する鉄壁の楽器陣も、厚みと深みのあるサウンドで観衆たちを惹きこんでゆく。多くの未発表の新曲を交えながらピアノロックバンドを標榜するLAID BACK OCEANが体現する音世界は、時に軽やかで、時に刺激的で、時に情緒的だ。

「LAID BACK OCEANは来年、メジャーのフィールドに挑戦します!」。いよいよライブが佳境に入ってきたところで、YAFUMIが行ったのはこの重大発表。これに対し、場内から温かな声援と大きな拍手が巻き起こったことは言うまでもない。そして、完全なる予定外のアンコールでは彼らの代表曲である「カップラーメンジェネレーション」の“おかわり”が、オーディエンスに対して特別にサーブされたのであった。

始動から5年。現体制となってからは約2年。LAID BACK OCEANのあらたな航海は、夜明けとともに今ここから始まって行くことになる。なお、デビュー詳細は後日正式にアナウンスされる模様なので期待して待ちたい。

TEXT BY 杉江由紀
PHOTO BY 佐藤祐介


LAID BACK OCEAN OFFICIAL WEBSITE


 

151112-TR-150002 151112-TR-150000 151112-TR-150008 151112-TR-150003 151112-TR-150005 151112-TR-150004 151112-TR-150007 151112-TR-150006

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人