氣志團、3年9ヵ月ぶりのオリジナルアルバムは『不良品』

2015.11.10

151110-TR-090004

氣志團が、12月9日にリリースするニューシングル「我ら思う、故に我ら在り」のミュージックビデオが公開された。

10月4日からテレビ朝日系全国ネットで放送されている「仮面ライダーゴースト」の主題歌として、氣志團らしい疾走感溢れる楽曲が、「仮面ライダーゴースト」の世界観と非常にマッチしていると評判の「我ら思う、故に我ら在り」。仮面ライダー史上、永遠に語り継がれる楽曲としての呼び声も高い。

仮面ライダー繋がりということで、今回メンバーは「ライダースジャケット」を着用。高らかに歌い上げるシーンでは、氣志團が正真正銘のロックバンドだと改めて認識できる違いない。また一方で、横浜銀蠅(?)的な、街で格闘するシーンなどは昭和の雰囲気が漂うもの。「仮面ライダーゴースト」を観ている子供たちの親世代も当時を思い出すような内容で、親子で共感できる仕上がりになっている。

今回のミュージックビデオは、演奏シーンと格闘シーン、合わせて12時間以上をかけて制作された超大作。綾小路 翔は、ミュージックビデオの制作について「ヒーローは疲労を披露しない」と名言を残し、颯爽と帰路についたという。

また、このタイミングで、待望のオリジナルアルバムの発売と、全国ツアーの開催が発表された。

2016年1月27日に、アルバム『不良品』のリリースが決定。『日本人』以来3年9ヵ月ぶりのオリジナルアルバムとなるこの作品は、上記の新曲「我ら思う、故に我ら在り」はもちろんのこと、氣志團史上初となるフジテレビ月9ドラマ「極悪がんぼ」の主題歌に抜擢された「喧嘩上等」、究極の“壁ドン”ラブソングとして注目された「幸せにしかしねーから」、三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」で老若男女誰もが振り真似をした「ランニングマン」を彷彿とさせる「シンキングマン」の踊りで話題をかっさらった「Don’t Feel,Think!!」など、いずれもオリコンウィークリーチャートTOP10内に入った名曲をコンパイル。その他、新曲も現在も絶賛制作中とのことだ。

メイジャーデビュー15周年にあたる2016年、氣志團が満を持してリリースする『不良品』。タイトルには、綾小路の「受け入れられようと思って日々いろいろなことを考えてるけど、受け入れられないときもある。それは我々が不良品だから。でも不良品なりに15年間やってきたことを、このアルバムで思う存分魅せてやる!」という熱いメッセージが込められており、注目の作品になることは間違いない。

そして、同じくメイジャーデビュー15周年記念興行として『ツッパリHigh School Musical「氣志團學園II〜拳の中のロックンロール〜」』の開催が決定。ツアータイトルには、2005年12月7日から2006年4月2日まで行われた『氣志團學園〜愛羅武勇からはじめよう〜』が、氣志團として初の長丁場にして最も観客を動員したツアーということで思い入れがあり、『II』と銘打つことで、月日を経てそのときのお客さんに改めて思い出してもらえるのと、昨年のツアーに初めて来てくれたお客さんや、氣志團の曲を初めて知ってくれた人たちにもぜひ来てもらいたい、という思いが込められているのだという。

全国35ヵ所にも及ぶ各地のおらが町に氣志團が駆けつける。ツアー日程など詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。


リリース情報

2015.12.09 ON SALE
SINGLE「我ら思う、故に我ら在り」

2016.01.27 ON SALE
ALBUM『不良品』


氣志團 OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人