【今週のオリコン】乃木坂ニューシングルが初登場首位&嵐が2週連続1位

2015.11.03

151102-YM-22210000

【シングル】
乃木坂46の13作目のシングル「今、話したい誰かがいる」(10月28日発売)が発売初週に62.7万枚を売り上げ、今週発表の11月9日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:10月26日~11月1日)で初登場1位を獲得した。

2作目の「おいでシャンプー」(2012年5月発売)から通算12作目かつ12作連続となるシングル1位獲得を達成した乃木坂46は「女性アーティストのシングル1位獲得作品数」記録において、同じく11作でならんでいたNMB48を抜いて歴代単独4位となった。

また今作の初週売上枚数は、前作「太陽ノック」(今年7月発売)が2015年8月3日付で記録した60.9万枚を上回っており、自己最高のシングル発売初週売上枚数を記録する好調ぶりを見せた。

今作は劇場版アニメ「心が叫びたがってるんだ。」の主題歌にも起用されており、ともにグループ1期生で主力メンバーとして活躍する白石麻衣と西野七瀬が、グループ初のダブルセンターを務めることでも注目を集めている。

2位にランクインしたのは、℃-uteの最新シングル「ありがとう~無限のエール~/嵐を起こすんだExciting Fight!」。「ありがとう~無限のエール~」が日本レスリング協会公認の選手団賛歌にも起用されている同シングルが発売初週に売り上げた7.0万枚は、「都会の一人暮らし/愛ってもっと斬新」(2013年11月発売)の現時点での累積売上6.8万枚を上回り、シングル自己最高売上を記録した。

【アルバム】
嵐の最新アルバム『Japonism』(10月21日発売)が週間売上5.7万枚で、先週11月2日付に続いて今週発表の11月9日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:10月26日~11月1日)でも1位を獲得した。

嵐の2週連続アルバム1位は、前々作『LOVE』(2013年10月発売)以来2作ぶり。『All the BEST! 1999-2009』(2009年8月発売)、『僕の見ている風景』(2010年8月発売)、そして今作をあわせて通算4作目となっている。

“日本をさまざまな角度から見る”というコンセプトのもと、和楽器とデジタルを融合させるといった“新鮮さ”と、嵐の原点である“ポップさ”が集約された同アルバム。ランキング初登場となった先週付では自己最高アルバム週間売上(82.0万枚)を記録している。

2位を記録したのは、斉藤和義の最新アルバム『風の果てまで』(10月28日発売)。発売初週で2.5万枚を売り上げた。斉藤のアルバム2位獲得は自己最高位タイとなり、『45 STONES』(2011年10月発売)と『斉藤』(2013年10月発売)に次いで通算3作目となる。

15位には、発売初週売上0.5万枚を記録した、豪華海外アーティストたちが参加するディズニーの名曲のカバーアルバム『ウィ・ラヴ・ディズニー』(10月30日発売)が登場。NE-YOが「フレンド・ライク・ミー」(『アラジン』より)、アリアナ・グランデが「ゼロ・トゥ・ヒーロー」(『ヘラクレス』より)を歌うといった話題性なども追い風に、来週以降のTOP10入りを視野に入れている。


オリコンランキングはこちら


151102-YM-22210000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人