【今週のオリコン】嵐、12年連続アルバム首位。シングル1位はHey! Say! JUMP

2015.10.27

150518-YM-21290000

【アルバム】
嵐の17作目、オリジナルアルバムとしては14作目の最新アルバム『Japonism』(10月21日発売)が発売初週に82.0万枚を売り上げ、今週発表の最新11月2日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間10月19日~25日)で初登場1位を獲得した。

今作の週間売上枚数は、自身のベストアルバム『All the BEST! 1999-2009』(2009年8月発売)が発売初週にあたる2009年8月31日付で記録した75.3万枚と、シングル「Calling/Breathless」(2013年3月発売)が同じく2013年3月18日付で記録した75.6万枚をともに上回り、アルバムのみならずシングルも含めた嵐の全音楽作品で最高の週間売上枚数を叩きだしている。

さらにアルバム1位の獲得作品数を、通算14作(13作連続)とした嵐は、「アルバム1位獲得連続年数」も、2004年7月発売の『いざッ、Now』から12年連続に更新。これまで11年連続でならんでいたEXILEを抜き、同・連続年数記録における、男性アーティスト(ソロ含む)別、グループ(女性含む)別ともに、歴代単独トップとなった。

“日本をさまざまな角度から見る”というコンセプトをもつ同アルバム。ファンクに和楽器とデジタルを融合させるといった“新鮮さ”と、嵐の原点である“ポップさ”が集約されており、収録曲「心の空」の作詞、作曲、アレンジを、ギタリスト・布袋寅泰が手掛けていることも話題のひとつとなっている。

なお嵐は11月6日のナゴヤドームを皮切りに、同アルバムを引っ提げての5大ドームツアーをスタートさせる。

※上記「アルバム1位獲得連続年数」歴代記録の「男性アーティスト別」「グループ別」でともに2位のEXILEは2003年~2013年に達成。同じくともに3位のB’zは8年連続で1996年~2003年に達成。なお記録の年数カウントはランキングの発表年に準拠する。

3位にランクインしたのは、発売初週売上1.6万枚を記録した、ザ・クロマニヨンズの『JUNGLE 9』。同バンドは『FIRE AGE』(2008年10月発売)が2008年10月27日付で3位を獲得して以来7年ぶり、通算2作目のアルバムTOP3入りとなった。

ザ・クロマニヨンズは本作を引っ提げ、今年11月から来年4月にかけて全国47都道府県(全70公演)のライブツアーを行うことが決定している。

また、キュウソネコカミの『人生はまだまだ続く』が、発売初週売上1.5万枚で4位にランクイン。同バンドはミニアルバム『ハッピーポンコツランド』(今年1月発売)が獲得した最高7位、シングル「MEGA SHAKE IT!/ハッピーポンコツ」(今年7月発売)の最高13位をそれぞれ上回り、シングル・アルバム通じて初のTOP5入りを達成している。

 【シングル】
Hey! Say! JUMPの15作目のシングル「キミアトラクション」(10月21日発売)が発売初週に20.3万枚を売り上げ、今週発表の最新11月2日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:10月19日~25日)で初登場1位を獲得した。

Hey! Say! JUMPのシングル1位獲得作品数は、2007年11月発売のデビュー曲「Ultra Music Power」から15作連続。「デビューからの連続1位獲得作品数」では、KinKi Kids(34作連続)、KAT-TUN(24作連続)、NEWS(18作連続)に続いてアーティスト歴代4位となっている。

女性への恋心を明るくストレートに歌い上げた同楽曲は、メンバー全員で出演するコーセーコスメポートのクレンジングオイル「ソフティモ」のCMソング。間奏部分でメンバー一人ひとりが語りかける「君はNo.1」というセリフも聴きどころとなっている。

そして、“エビ中”こと私立恵比寿中学のメジャー通算9作目のシングル「スーパーヒーロー」(10月21日発売)が、発売初週売上6.9万枚で3位にランクイン。同シングルは7作目「ハイタテキ!」(2014年11月発売:最高3位)の累積売上6.3万枚を発売初週で上回り、同グループのシングル自己最高売上をマーク。数々の音楽フェス出演などを通じての注目度の高まりがうかがえる自己記録更新で、前作「夏だぜジョニー」(今年6月発売:最高2位)などに続く通算5作目(4作連続)のTOP3入りを果たした。


オリコンランキングはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人