【今週のオリコン】NMB48さや姉復帰作が1位!米津玄師アルバム初登場首位

2015.10.13

151012-SM-233601

【シングル】
アイドルグループ・NMB48の13作目のシングル「Must be now」(laugh out loud records/10月7日発売)が発売初週に30.7万枚を売り上げ、10/19付オリコン週間シングルランキング(集計期間:10/5~10/11)で初登場1位を獲得した。

グループの大黒柱である“さや姉”こと山本彩が、9作目「高嶺の林檎」(2014年3 月発売:最高1位)以来4年ぶりにセンターを勲めた同シングル。通算11作目の首位獲得となったNMB48は乃木坂46とならび、シングル週位獲得数で女性グループ歴代4位タイとなった。
※上記歴代記録TOP3は、AKB48(28作:1位)、モーニング娘。(16作:2位)、SKE48(14作:3位)

同シングルは、これまでのNMB48の楽曲イメージとは一線を画し、グループ史上最難関なダンスに挑戦したナンバー。選抜メンバーは過去最少人数となる9名で、近年の48グループとしても異例の少数精鋭となった。NMB48は、10月20日~22日の3日間にわたり大阪城ホールにて結成5周年記念ライブ3DAYを開催することも決定。

節目の年を迎え、史上最難関なダンスに挑戦したように、ライブでもバンドや演劇など、趣向を凝らし、常に新しいことに挑戦していく構えだ。

山本彩 コメント

NMB48 13thシングル「Must be now」をお聴き頂いた皆さん、この度は本当にありがとうございます!今までより少ない9人選抜という、勝負に出た楽曲でウィークリーランキング1位を獲得出来て感激です。

結成5周年を迎えて、10月20日からは大阪城ホールで3日間記念ライブを行います。今回の楽曲のように、新しいことに挑戦しています。またメンバーみんなでセットリストを考えていつも応援してくださる皆さんも、まだ私たちのことを知らない皆さんも楽しんでもらえれるように趣向を凝らしています。ぜひ大阪城ホールに楽しみに来ていただけたらと思います。

私達の楽曲が少しでも聴いて下さる皆さんの支えや活力となれば幸いです。
NMB48 山本彩

2位:CROSS GENE 「Love & Peace/sHi-tai!」
日中韓の男性6人組ダンスボーカルグループ・CROSS GENE(クロスジーン)の3作目のシングル「Love & Peace/sHi-tai!」(ユニバーサル ミュージック/10月7日発売)が発売初週売上8.6万枚で2位を獲得した。同作は、前作「Future」(今年1月発売:最高5位)の累積売上1.4万枚を発売初週で6倍以上も上回る好調ぶりで、初のTOP3入りを果たした。

3位:Aqours 「君のこころは輝いてるかい?」
スクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」の新企画「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するAqours(アクア)のデビューシングル「君のこころは輝いてるかい?」(ランティス/10月7日発売)が、発売初週売上4.8万枚で3位を獲得した。3週連続シングルがアニメキャラ名義としては初の全作TOP3入り(2015/7/13付、20付、27付)を達成するなど不動の人気を誇るμ’sに続く新グループの誕生で話題となっていたが、無事TOP3入りで幸先の良いスタートを切った。

【アルバム】
シンガーソングライター・米津玄師(よねづけんし)の通算3作目のアルバム
『Bremen』(ユニバーサル ミュージック/10月7日発売)が発売初週に5.1万枚を売り上げ、10/19付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:10/5~10/11)で初登場1位を獲得した。米津のオリコン週間CD ランキング首位獲得はアルバム、シ ングル(全4作)を通じて初となる。

ボカロPの“ハチ”として、ニコニコ動画で絶大な人気を誇っていた米津が、ついに週間ランキング初制覇となった。これまでのアルバム最高位は前作『YANKEE』(2014年4月発売)が記録した2位だったが、同作は今回これを更新。発売初週売上枚数も同じく『YANKEE』の3.1万枚(2014/5/5付)を上回り、自己最高となった。 ※シングル最高位は「Flowerwall」(今年1月発売)の3位、シングル最高初週売上は「アンビリーバーズ」(今年9月発売)の2.6万枚。

1年半ぶりのニューアルバムとなった同作は、シングル「Flowerwall」「アンビリーバーズ」を含めた全14曲が収録され、画集盤、映像盤、通常盤の3形態でリリース。勢いづく米津は、2016年に初の地元四国公演を含めた全国ワンマンツアーを開催することも決定している。


オリコンランキングはこちら


151012-SM-233602

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人