打首獄門同好会、“ジオ◯グ”使用NGで、ミニアルバムの収録内容を変更

2015.09.30

150930-YM-14440000

打首獄門同好会が、11月18日にリリース予定のミニアルバム(タイトル未定)の収録内容を変更することを発表した。

ミニアルバムは当初「8曲入り」予定と発表されていたが、収録予定であった1曲「パーフェクトじゃないジオ○グ」(※曲タイトルは一部伏字)が、「ジオ○グ(※一部伏字)の権利元から使用承諾を得られなかった」として、収録ができなくなったとのこと。

このため、ミニアルバムは収録曲を7曲に変更して発売。発売日、価格等に変更はないとのことだ。

バンドメンバーは「ファンの皆様、申し訳ありません。面白い曲に仕上がっただけに、お聴かせできないのが残念です」とコメント。歌詞のテーマだけ変更してリリースする可能性はないのか、という質問に対しては「実はすでにレコーディングも終わってしまっており、あと1週間ほどでマスタリングという段階なので、これからの変更は難しい」と回答している。

ただ「他の7曲も秀逸な作品揃いなので、楽しみにしていてほしい」と作品全体の仕上がりには変わらず自信を見せている。

打首獄門同好会は過去にも「岩下の新生姜」の歌を作るために岩下食品の社長に直談判するなど、曲のテーマに関して権利元に許可を得ることはあったが、許可が得られずにリリース作品から曲を削るケースは、今回が初めてのようである。

「生活密着型ラウドロック」を謳い、自由気ままな歌を作っているように見える彼らにも、思わぬ苦労がある模様。マスタリングまではあと1週間。ここから収録曲“復活” の大逆転劇はもう起こらないだろうか……。


リリース情報

2015.11.18 ON SALE
MINI ALBUM『タイトル未定』


打首獄門同好会 OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人