エリック・クラプトンとザ・フーの最新コンサートフィルムが期間限定公開

2015.09.24

150924-YM-16240000

エリック・クラプトンの70歳記念ライブと、ザ・フーのデビュー50周年ライブの模様が、この秋、全国の映画館で公開されることが決定した。

2015年3月30日、70歳の誕生日を迎えたギターの神様、エリック・クラプトン。今回公開される「エリック・クラプトン:ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール」は、今年5月21日、ロンドンのロイヤルアルバートホールで行われた、70歳記念コンサートの忘れがたい一夜をおさめた貴重なフィルム。

数々の名ステージを生み出してきた、ロイヤルアルバートホール。伝統あるこのホールで200回を超える公演を行ったのは、エリック・クラプトンただひとり。このステージで繰り広げられるライブには、クリーム、デレク&ザ・ドミノス時代のレパートリーから、彼の30年に及ぶソロキャリアに渡って彼をインスパイアし続けてきた天才ブルースギタリスト、ロバート・ジョンソンのナンバーまで、クラプトンの音楽人生のすべての側面が収められている。さらに、ライブ映像の他に、ポール・キャラック、アンディ・フェアウェザー・ロウ、ヒュー・フィルダー、ポール・セクストンらのインタビュー映像も劇場限定公開される。

そして、デビュー50周年を経てもなお、“史上最強のライブバンド”の名をほしいままにするザ・フー。彼らがこの夏、ロンドンの王立公園“ハイドパーク”で行った圧巻のライブを「THE WHO / ザ・フー  LIVE IN HYDE PARK」としてスクリーンで堪能するチャンスも到来した。

今年6月、ザ・フーのリード・ボーカリスト、ロジャー・ダルトリーが 「長いお別れの始まり」と語った『The Who Hits 50!ツアー』のフィナーレとして、6万5,000人の満員のファンの前で自分たちの50周年を祝ったこのライブ。ザ・フーのベストヒット曲からなる決定版セットリストが演奏され、オリジナルメンバーのロジャー、ピート・タウンゼントのほか、長年サポートメンバーとしてザ・フーのサウンドを支えてきたドラマー、ザック・スターキー(リンゴ・スターの息子)と超一流ベーシスト、ピノ・パラディーノが今回も参加している。

「ERIC CLAPTON /エリック・クラプトン Live at the Royal Albert Hall | Slowhand at 70」は10月24日、「THE WHO / ザ・フー  LIVE IN HYDE PARK」は11月7日より、全国ロードショー。この秋、世界中の観客と感動を共有できるユニークなコンサートフィルムが、日本でも期間限定で公開される。


映画情報

「ERIC CLAPTON /エリック・クラプトン Live at the Royal Albert Hall | Slowhand at 70」
10月24日より全国ロードショー
2015/イギリス/4K及び2K/カラー/5.1ch/ 116分+劇場向け特別短編映像9分
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
(C)2015 ERIC CLAPTON AND WARNER BROS. RECORDS

「THE WHO / ザ・フー  LIVE IN HYDE PARK」
11月7日より、全国ロードショー
2015/イギリス/2K/カラー/5.1ch/上映時間:109 分+劇場特別映像 9分
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
(C)2015 The Who, its suppliers or licensors. All rights reserved.


「ERIC CLAPTON /エリック・クラプトン Live at the Royal Albert Hall | Slowhand at 70」 OFFICIAL WEBSITE

「THE WHO / ザ・フー LIVE IN HYDE PARK」 OFFICIAL WEBSITE


150924-YM-162400001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人