安良波明里、インスタアイドルMEGBABYと共演の第3弾MVを公開

2015.09.17

150917-TR-130000

インスタグラム界のアイドル・MEGBABYが登場するミュージックビデオが話題の安良波明里が、第3弾目の共演を果たしたミュージックビデオ「CRAVE」を公開した。

今回の「CRAVE」のミュージックビデオではワンテイクでの撮影に挑戦しており、彼女とバックダンサーの、息の合ったダンスが引き立つ映像に仕上がった。各コーラスごとに1台のカメラで撮影するため、ミスが許されず、高い集中力とダンス技術が必要だ。彼女とバックダンサ4名は、撮影1ヵ月前から入念なリハーサルを重ね、本番は、ダンスのミスで撮影をストップすることなくワンテイク撮影を成功させた。彼女たちの力強く、女性らしいダンスが、いちばんの見所だ。

彼女は「裏テーマは全員が主役。ダンサーのみんなと何度も何度も練習をし、踊るときに個人個人の感情をしっかり動きで魅せることを、全員が意識した。ミスの許されない緊張感を楽しむことができた」と撮影後にコメントしている。

そんな彼女の本番に強い精神力を引き出したのは、ロサンゼルス留学中に出会ったダンサーティナ・ランドンの存在だ。ティナは、ジャネット・ジャクソンの「Rhythm Nation 1814 」World Tourの振付け兼バックダンサーを務めマイケルジャクソンの「Scream」やその他数々の欧米大物アーティストの振付けを担当し、数々の権威ある賞を受賞している。

ティナ・ランドンからのプライベートレッスンを受けていた留学当時、明里の動きが型にはまって固いのを感じたティナが、明里が持っていた黒のハットを被って踊るようにと指示を出した所、明里がいつも以上のパフォーマンスを魅せたことからその黒いハットはティナによって「マジックハット」と命名された。そのマジックハットを今回ミュージックビデオの後半部分で被っている。安良波が留学時代に学んだことや、恩師であるティナへの尊敬の念も、このミュージックビデオに込められているようだ。

昨年のティナとのロサンゼルスでの写真は、明里のインスタグラムの中で観ることができる。また、シーンの中で安良波明里とMEGBABYのセクシーな絡みを魅せているのでその部分にも注目だ。

MEGBABYは、「明里ちゃんの感情をむき出したダンスがすごくよかった」と撮影後にコメントしている。安良波明里は、「MEGBABYさんをこのビデオの中で引き立たせたかったので、登場シーンは、存在感があり、とてもいいスパイスになっているので注目して観ていただきたい」と語っている。

「CRAVE」は、安良波 明里自ら作詞を手掛け、ロサンゼルスのダンス留学時代のルームメイトが、夜中にお腹を空かせた時に「I’m craving a chocolate」(私はチョコレート=甘いものを切望している)と言った言葉をヒントに“CRAVE=切望”的片思いソングに仕上がっている。前作とは異なるイメージのゆったりとしたR&B曲調も聴きどころだ。


「CRAVE」ミュージックビデオ

安良波明里 Instagram

安良波 明里 OFFICIAL WEBSITE


 

150917-TR-130001 150917-TR-130002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人