『サマソニ』の興奮再来!WOWOWで総集編、アーティスト特集をOA

2015.09.15

150915-TK-143000
8月15・16日の2日間、東京会場(QVCマリンフィールド&幕張メッセ)と大阪会場(舞洲サマーソニック大阪特設会場)で同時開 催された『SUMMER SONIC 2015』、そしてサマソニ前夜祭とも呼べる『SONICMANIA 2015』(幕張メッセ)の2都市6公演合計が、開催史上2番目となる22万7千名を動員した。

洋楽アーティストを中心に、邦楽アーティストを織り交ぜたラインナップで全世界の最先端の音楽が楽しめるイベントだ。35,000人を収容する屋外のメインステージ“MARINE STAGE”をはじめ、20,000人収容の幕張メッセ内にある “MOUNTAIN STAGE” など、8つの個性的なステージに120組を超えるアーティストが登場し、今年も熱いパフォーマンスを繰り広げた。

初日の東京会場。MARINE STAGEは海外でもライブを展開しているきゃりーぱみゅぱみゅからスタート。コール&レスポンスなどで会場を盛り上げ、エコースミス、コーディー・シンプソンへと繋いでいった。MOUNTAIN STAGEでは、洋楽アーティストのオール・タイム・ロウのほか、邦楽のMONOEYES、世界中から熱い視線が注がれているBABYMETAL、そしてトリのマリリン・マンソンまで注目アーティストがズラリと勢揃い。MARINE STAGEの後半では、世界のポップシーンをリードする存在に成長したアリアナ・グランデが、華やかなステージを展開。そして、初日のトリを務めたのはSUMMER SONIC初登場となるケミカル・ブラザーズ。グルーヴ感溢れるサウンドと美しい映像で 、幻想的な雰囲気をもたらした。

2日目も初日に負けない豪華なアーティストが出演。洋楽ではGARDEN STAGEに登場した TUXEDO(Full Band Set)をはじめ、最新アルバム『エモーション』が日本でも大ヒットし、女性ファンも多いカーリー・レイ・ジェプセン、EDM 界のプリンスZEDDなど、ジャンルの枠を超えたラインナップでオーディエンスを楽しませてくれた。

邦楽では、加山雄三率いるTHE King ALL STARSやChar、そして郷ひろみといったベテラン勢から、MARINE STAGEのトップを飾ったKANA-BOON、MOUNTAIN STAGEを盛り上げたMAN WITH A MISSIONなど、それぞれの個性が光ったステージを見せてくれた。

MOUNTAIN STAGEのトリは、昨年末に14 年ぶりとなるアルバム『Black Messiah』を発表したディアンジェロ&ザ・ヴァンガード。ニュークラシックソウル(ネオソウル)のムーブメントを生み出した天才が、貫禄のステージを展開。そしてMARINE STAGEのトリには、世界の音楽シーンの頂点に立つファレル・ウィリアムスが 、大歓声の登場。いきなり最新シングル「Freedom」を繰り出し、「HAPPY」ではピースフルなステージで観客を魅了した。

WOWOWでは、9月24・25日に「総集編」を、10月と11月には、アーティストを個別にピックアップする「アーティスト特集」をオンエア。10月の放送ラインナップも決定した。またこちらも見逃せない『SONICMANIA 2015』の模様も、9月26日に放送する。秋の気配を感じながら、あの暑かった日の熱いライブをたっぷりと楽しもう。


番組情報

「SUMMER SONIC 2015 DAY-1・DAY-2」
DAY-1  09/24(木)よる7:00 [WOWOWライブ]
DAY-2  09/25(金)よる7:00 [WOWOWライブ]
「SONICMANIA 2015」 
09/26(土)よる9:00 [WOWOWライブ]
「SUMMER SONIC 2015 アーティスト特集」
10月14日(水)午後5:00から、放送スタート! [WOWOWライブ]
※総集編のあとは、アーティストを個別にピックアップするアーティスト特集を10月と11月にオンエア。


『SUMMER SONIC 2015』WOWOW特設サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人