活動休止を発表したALSDEADが、初のアコースティックワンマンライブを実施

2015.09.14

150914-TR-140000

光求める未来へ向けたエピローグ。その始まりは…。
ALSDEAD初のアコースティックなワンマンライブが届けた、温かな熱狂!!

9月1日、ALSDEADがオフィシャルサイトを通して発表した「活動休止」の報告。7年間に及びシーンの最前線で戦い続けてきた彼らが下したひとつの答え。幸いなのが「解散」ではなく「活動休止」ということ。その言葉の意味は、後に見えてくることを先に伝えておこう。

ALSDEADとして活動休止に入る前の最後のライブとなるのが、10月9日、高田馬場AREA。その日へ向け4人は、『Born To Be Dead:PROLOGUE/ch.1/ch.2/CODA』と題した4本のワンマンライブを行う。その始まりを告げるライブとなったのが、9月12日の新宿LOFT BAR LOUNGEを舞台にした『ALSDEAD presents ACOUSTIC ONEMAN【Born To Be Dead:PROLOGUE】』だった。

タイトルどおり、この日はアコースティックなスタイルでの演奏。エッジの効いた音を突き刺す、野獣のようなステージングを見せるALSDEADが、あえて自身を裸にした姿を持って音楽を提示。その姿に、何時も暴れることに興奮を覚えるオルサー(ファン)たちも興味津々で始まりのときを待っていた。

ライブは、沁の爪弾くアコギの音色に導かれ幕を開けた。肌触りのよいあたたかな歌声を場内へ響かせてゆくMAKI。でも、高音域な歌の間からは、いつもの荒ぶった声の要素も垣間見えてゆく。何より、冒頭を飾ったスケール溢れたハードエッジな「Picture」が、とてもエモーショナルな表情として胸に溶け込んできたのがうれしい驚きだった。

「7年活動して初のアコースティックワンマン。ALSDEADの曲をアコースティックな形にするのが思いのほか難しくて。試行錯誤しながらも厳選した曲たちを、これから聴いてください」(MAKI)

ゆったり漂うアコギの旋律の上で、思いを噛みしめるよう歌い始めたMAKI。重なりだした演奏は、穏やかな調べの中へ確かな強いウネリを与えてゆく。触れた人たちの心へ印象深い傷跡を残していった「傷」。力強いアコギのストロークから、一転。心地好いビートの上で抑揚を持った歌声が大きく揺れだした。穏やかさの中へ躍動的な表情を張り付けた「秘密」。自然と歌声を張ってしまうところは、感情を露にしてこそのスタイルを持ったMAKIらしさか!?

「アコースティックだけど暗くならないようにと思っていたのに、曲が圧倒的な暗さを牽引してて(笑)」と語るMAKIの言葉に続いて流れたのが「最後の嘘」。気持ちの内側へ内側へ……むしろ、心の深淵へと堕ちてゆくような感覚のもと、どっぷりと、切なくも痛い別れの物語をALSDEADは描き出していった。ALSDEADを活動当初から支えてきた開放的な「虹色の雨」も、アコースティックな形にすることで、晴れた表情の中へどこか胸にジンと響く深みさえ感じさせてくれた。むしろスタイルを変えたことで、その曲の新たな表情を味わえたのがうれしかった。

躍動した演奏。これまでのゆったりとした表情から一変、「Fragile」が雄々しく駆けだした。場内中から鳴り出した手拍子。疾走する演奏の上で朗々と歌いあげてゆくMAKI。そこには、いつもの牙を剥いた男の姿があった。

沁のアコギソロを挟み、ライブは後半戦へ。なんて、心を釘付けにしてゆく歌と演奏なんだ。揺れる感情のまま、抑揚強い歌声に胸をキュッと締めつけられた「BLINK」。一転、「Distrust」が会場中の人たちを光に満ちた舞台へ連れ出した。メンバーの演奏に導かれるように、サビでは、誰もが大きく手を振り、羽ばたきたい想いを舞台上の4人へぶつけてゆく。

「今言えることは少ないんですけど、音楽を作ることを、音楽を愛して、ALSDEADを愛して導いた結果を、その先に何があるかを、みんなと一緒に導いていきたい。信じる力が強ければまた出会えるし、未来を作っていけると思うので。ぜひ、未来をポジティブに考えていてほしいです」(MAKI)

未来に希望の見える言葉に続き、高らかに歌いだしたのが「HERO」だ。「信じ続けていた it’s time to change the world」。そう、終わりに向って走り出した物語は、決して終幕のためのものではない。次の光輝く舞台へ向けたエピローグであり、プロローグだと信じたい。彼らの希望を抱いたステージングや短い発言を聞いていると、そう感じてしまうんだ。MAKIもアコギを手に、最後に届けたのが「Gravity」。MAKIの弾き語りに続き、光を持って演奏は走り出した。

最後も、しっかりと未来を見据えたメッセージを届けてくれたALSDEAD。アンコールで、ふたたび「Picture」と「Fragile」を感情揺れるままに演奏。場内へしっかり熱狂を描きながら、この日のライブは幕を閉じていった。

今回用意した4本のワンマンは「活動休止」へ向けたライブ。でも、初日のステージに触れていくなか、そこには涙誘う寂しさはなかった。むしろ、まだまだ彼らと新しいステージへ踏み出していける。そんなわずかな希望さえ感じていた。正直、先の答えはわからない。でも、彼らがなぜ今回「活動休止」という言葉を告げたのか。その想いは、この後に続く3本のライブを通すことで、より深く感じていけそうな気がしたのも事実。

次回は9月18日、高円寺二万電圧を舞台に『【Born To Be Dead:ch,1】』と題して開催。こちらはALSDEADらしく、全曲激しい曲のみで構成されることが決定。激しく熱いライブになること必須のコンセプトだ。

そして3本目、9月19日渋谷REXにて行われる『ALSDEAD presents【Born To Be Dead : ch2】』は、ファンからアンケートをとり、人気上位の曲のみでセットリストを組むというリクエストライブ。

残る1本は、10月9日高田馬場AREA『ALSDEAD presents ONEMAN【Born To Be Dead : CODA】』。このライブは現在発表されているスケジュールのラストとなる1本だ。このライブに込められた思いは、改めてメンバーより発表される。果たしてどんな内容でALSDEADの7年間の活動の歩みを描き出すのか、楽しみにしていたい。

<セットリスト>
M-1 Picture
M-2 傷
M-3 秘密
M-4 最後の嘘
M-5 虹色の雨
M-6 Fragile
M-7 BLINK
M-8 Distrust
M-9 HERO
M-10 Gravity
アンコール
M-11 Picture
M-12 Fragile

TEXT BY 長澤智典
PHOTO BY 玲人


ライブ情報

ALSDEAD presents ONEMAN 
【Born To Be Dead : ch.1】
09/18(金)東京・東高円寺二万電圧

ALSDEAD presents ONEMAN
【Born To Be Dead : ch.2】
09/19(土)東京・渋谷REX

ALSDEAD presents ONEMAN
【Born To Be Dead : CODA】
10/09(金)東京・高田馬場AREA


ALSDEAD OFFICIAL WEBSITE


 

150914-TR-140001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人