わらう、うたう、たべる、ねっころがる!『New Acoustic Camp 2015』幕開け

2015.09.13

150913-YM-15160000

6回目の開催となる『New Acoustic Camp 2015』が、群馬県水上高原リゾートで開催。総勢アーティスト19組のライブが行われた。

心配された台風18号の影響もなく、前日までの不安定な天気は一変、朝から青空が広がった。「みなさん、おはようございます。おかえりなさい!」。『New Acoustic Camp(以下、NAC)』のフィールドデザインを手がけるCandle JUNEの挨拶から幕を開けた。

最初の出演アーティストは、オーガナイザーであるOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDが務め、会場を一気に“ニューアコワールド”へいざなう。まだ午前11時にも関わらず、メインステージのYONDERは、すでに多くのファンでびっしりと埋め尽くされていた。

YONDER、HERE、Via、さらに今年新たに誕生したNimbus。大小4つのステージが広い会場内には点在。会場にいればどこからともなく心地のよい音楽が聞こえてくる、そんな環境のなかにある。実際、ほとんどの時間をテントサイトで過ごしているグループが多く見受けられた。

そして、多彩な飲食ブースとワークショップ、芝生の上でのびのびと遊ぶ子どもたち、恒例となった夜のフォークダンス、優しく揺らぐキャンドルの炎。NACのオリジナル風景が次々と展開されていきます。「わらう、うたう、たべる、ねっころがる」。見わたす限り、だれもが、このいずれかに当てはまっていた。

本日13日はいよいよ2日目の最終日。最高のエンディングとなるだろう。


New Acoustic Camp 2015 OFFICIAL WEBSITE


150913-YM-15160001 150913-YM-15160002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人