茨城ご当地バンド・BxAxG、地元の全面バックアップでメジャーデビュー決定

2015.09.09

150909-YM-173700

メンバー全員が茨城県出身で、現在も茨城県在住と地元をこよなく愛する、6人組ミクスチャーロックバンドBxAxG(ビーエージー)が、10月21日、CJビクターエンタテインメントからシングル「ハックルベリー」でメジャーデビューすることが決定した。

BxAxGは2010年『RO69』の優勝バンドで、『ROCK IN JAPAN FES.』2010・2011年と2年連続での出場も果たしている。さらには、J2水戸ホーリーホックの公式応援ソングや、ボーカルのNAOIの地元である茨城県大洗町のイメージソングを担当するなど、幅広い年齢層に支持されて積極的なライブ活動をこなす一方、彼らが企画しているライブでは毎回300人以上の動員を記録する。

また、メンバー内にはアニメオタクや少林寺の黒帯保持者がいるなど、個性の強いメンバーが揃っている。特にボーカルNAOIは漁師という一面を持っており、毎朝しじみ漁を行っている。学生時代には野球の茨城県選抜強化指定選手に選ばれたりするなど音楽以外のことでも知られている。さらにそのキャラクターが受け、NHKのゴールデンタイムにNAOIの密着ドキュメントの放送や、24時間テレビのタスキリレーで茨城県代表に選ばれるなどの経歴をもつ。

そんな個性的な彼らのデビュー曲は、“人と人との絆”をテーマにしている楽曲となっている。デビュー曲「ハックルベリー」の歌詞に出てくる「いつでも傍にいれるように この歌を君に贈るよ」 というフレーズは、地元を愛し仲間を愛している彼らだからこそ生み出せたものであり、遠く離れているファンや仲間への想いも込められている。


リリース情報

2015.10.21 ON SALE
SINGLE「ハックルベリー」


BxAxG OFFICIAL WEBSITE


150909-YM-17370001 150909-YM-17370002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人