夏の魔物、HISASHI(GLAY)とのコラボライブ実現

2015.09.03

150903-CI-205000

9月12日に、青森県平内町の夜越山スキー場で開催されるロックフェスティバル『AOMORI ROCK FESTIVAL 2015 〜夏の魔物〜』内にて行われる、数々の夢のコラボレーションが決定した。

同フェスのホストユニット“夏の魔物+ROLLY”のライブに、HISASHI(GLAY)がゲスト出演することが決定。これは“夏の魔物”のメジャーデビュー曲である「恋愛至上主義サマーエブリデイ」に、HISASHI(GLAY)がギターで参加していることから実現したもので、初のコラボライブとなる。

さらに、大槻ケンヂの弾き語りライブにROLLY、和嶋慎治(人間椅子)が参加することも発表され、ROLLYは大トリの人間椅子とのセッション含め、当日は計5ステージ以上出演予定となる。

また、 “ROCK×アイドル×プロレス”を念頭に掲げる夏の魔物の、本年度のプロレスメインイベントが、桜庭和志&スーパー・ササダンゴ・マシン組と、ケンドー・カシン&葛西純組のタッグマッチに決定。カシンは地元青森での試合となり、いずれも初のタッグ結成となる。桜庭とカシンの対決は、1995年の東京ドーム大会、2000年の大阪ドーム大会以来15年ぶりの対戦となるドリームマッチ。多くの格闘技ファンから注目を浴びる試合となりそうだ。

さらに、毎年恒例のDDTプロレスリングによる特別マッチは「夏の魔物最狂決定戦」として、DDT所属のプロレスラーと『夏の魔物』に出演するアーティストがコラボ。
平田一喜 with ROLLY、宮武俊 with ベッド・イン+掟ポルシェ、大石真翔 with アツシ(ニューロティカ)、竹下幸之助 with 小池美由、男色ディーノ with クリトリック・リスの5組が対戦する。

当フェスのメインMCであり、ホストユニット“夏の魔物”のメンバーであるアントーニオ本多は、ユニオンプロレスの福田洋とシングルマッチが発表された。


リリース情報

2015.08.26 ON SALE
夏の魔物
SINGLE「恋愛至上主義サマーエブリデイ/どきめきライブ・ラリ」


ライブ情報

夏の魔物〜前夜祭〜
09/11(金)青森・サンシャイン
出演:BELLRING少女ハート/ゆるめるモ!/LUI FRONTiC 赤羽JAPAN/テンテンコ/やついいちろう/and more…

AOMORI ROCK FESTIVAL’15〜夏の魔物〜
09/12(土)青森・東津軽郡平内町夜越山スキー場
[出演]
人間椅子、サニーデイ・サービス、FACT、ソウル・フラワー・ユニオン、OL Killer、INKT、神聖かまってちゃん、大槻ケンヂ、ROLLY、ニューロティカ、ラフィンノーズ、ギターウルフ、キングブラザーズ、THE NEATBEATS、ザ50回転ズ、天才バンド、バンドTOMOVSKY、三上寛、JOJO広重(非常階段)、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、木下理樹(ART-SCHOOL)、group_inou、水曜日のカンパネラ、Wienners、Weekday Sleepers、GOMESS、Jin-Machine、BELLRING少女ハート、BiSH、バンドじゃないもん!、アップアップガールズ(仮)、LUI FRONTiC 赤羽JAPAN(プールイ)、POP、Maison book girl、テンテンコ、Especia、寺嶋由芙、チャオ ベッラ チンクエッティ、Cheeky Parade 、lyrical school、ゆるめるモ!、hy4_4yh、せのしすたぁ、おやすみホログラム、みきちゅ
あヴぁんだんど、バニラビーンズ、掟ポルシェ、吉田豪、杉作J太郎、やついいちろう、久保ミツロウ・能町みね子、山本さほwithディスク百合おん、うしじまいい肉、まんしゅうきつこ、ぱいぱいでか美、ベッド・イン、二丁ハロ、LADYBABY、NATURE DANGER GANG、クリトリック・リス、カンパニー松尾、劇場版BiSキャノンボール2014上映会、劇場版テレクラキャノンボール2013上映会、DDTプロレスリング、アントーニオ本多、夏の魔物、ブラックDPG、and more…
Very Special Guest:HSMS <HISASHI(GLAY)×DJ Mass MAD Izm*>、BILLIE IDLE(R)


AOMORI ROCK FESTIVAL’15 〜夏の魔物〜 OFFICIAL WEBSITE

夏の魔物 OFFICIAL WEBSITE


150903-CI-205001 150903-CI-205002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人