EXILE TAKAHIRO、初ソロアルバムよりMV2本同時公開

2015.09.03

150903-TR-090024

EXILE TAKAHIROが9月23日にリリースする1stソロアルバム『the VISIONALUX』より、「You」「GLORIA」のミュージックビデオを本日2本同時に解禁した。

本アルバム『the VISIONALUX』は、EXILE加入からの9年間の集大成となる作品。2006年9月22日にEXILEに加入し、今年の9月22日には9周年を迎え、いよいよ10年目へと突入する記念すべき日に、これまでの活動のすべてを詰め込んだベスト作品をリリースする。タイトル『the VISIONALUX』は、これまでTAKAHIROが見てきた視界<Vision>、夢・想い<Visionary>、光<Lux>、華美<Luxe>、10<X>年目の新たな歩みという5つの意味が込められている。

今回公開されたミュージックビデオは、アルバム『the VISIONALUX』から、“牧場しぼり”のCMソングとしてオンエアされた新曲「You」、TAKAHIROソロとしては初めてEXILE ATSUSHIのプロデュースのもと制作したZIGGYのカバー曲「GLORIA」の2曲。

[CD-2] TAKAHIRO SOLO SIDEに収録される新曲「You」は、何気ない日常にこそ存在する大切なものや大事な人と過ごす素朴な一瞬一瞬の輝きを表現した楽曲。普遍的な愛を素直な言葉で綴った歌詞に注目だ。まるで話しかけているかのように歌うTAKAHIROの声、ピュアにストレートに伝える表情に、女性ならずとも男性までも思わず癒されてしまうこと間違いない。

ミュージックビデオは、“決して滅びる事の無い永遠の愛”を花言葉に持つ黒い薔薇が浮かぶ、夢か現実か曖昧な不思議な空間の中、そこに居る不思議な女性。追いかけて、追いつきそうで追いつけない、女性の思い出だけがフラッシュバックしていく。やがて黒い薔薇の蕾から花が咲き、この楽曲の持つ普遍的な愛を表現した世界観となっている。現実的ではない詩的な世界を表現するためにモノクロ調の画で演出。一方で、女性の回想シーンは実感をだすためにカラーで構成している。

なんといっても見どころは、黒い薔薇の前で普遍的な愛を歌うTAKAHIRO。蕾からやがて花が少しずつ咲いていき、満開の薔薇の前で歌う大サビのシーンは、シンプルなのに華やかさを感じさせる独特の空気感を漂わせている。

同じく[CD-2] TAKAHIRO SOLO SIDEに収録されているZIGGY(1988年リリース)の楽曲をカバーした「GLORIA」は、ATSUSHIからの、TAKAHIROにはこういうアグレッシブな曲が合うと思うという提案から、「GLORIA」をカバーすることになった。

昨年6月に開催された『EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014 SPECIAL STAGE “THE SURVIVAL”IN SAITAMA SUPER ARENA 10DAYS』でも楽曲披露して以来、ファンの商品化を望む声に応えるべく本作に収録されることが決まった。聴きどころはなんといっても、原曲の良さを生かしつつ、アグレッシブさを加えた楽曲アレンジと、勢いのあるTAKAHIROのボーカルだ。

ミュージックビデオは、ライブシーンで、熱く汗にまみれ歌いあげる生のTAKAHIROが見れらる。廃墟で、孤独に自身と向き合うかのように歌うTAKAHIROの“静と動”ふたつの表情に注目だ。まるでそこにいるかのようなライブの臨場感とTAKAHIROの汗。激しく揺れ動く感情、それを荒く切り取る映像は、今までのTAKAHIROのクールでスマートなイメージからは想像できない“男臭さ、人間臭さ、汗、熱い魂”を感じる一面を引き出した作品に仕上がっている。

田中監督は、「とにかく撮影時間が極端に短かったので、1アングル1入魂の撮影でした。が、TAKAHIROさんのカンは鋭く、こちらの撮りたい画をくみ取って頂き、かつアイデアなども提案していただき、すべて一つひとつ真剣に向き合ってくださったので、本当にどの場面でも完璧な画が撮れました」と自信満々に本作への意気込みを語っている。

TAKAHIROは今後、新生EXILEとして初のライブツアー『EXILE LIVE TOUR 2015 “AMAZING WORLD”』に参加。年内でEXILEのパフォーマーとしての活動を終了することを発表した松本利夫、USA、MAKIDAIが魅せる最高のパフォーマンスも、ぜひ生でその目に焼きつけよう。


リリース情報

2015.09.23 ON SALE
ALBUM『the VISIONALUX』


EXILE OFFICIAL WEBSITE


 

150903-TR-090025

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人