マルーン5のオールタイムベストアルバムが発売決定

2015.09.01

150901-YM-14430000

全世界アルバムトータル・セールス2,500万以上、全世界シングルトータルセールスは9,000万を超え、2005年度「最優秀新人賞」を含む3度のグラミー賞を受賞、歴史に名を刻み、多大なる功績を残し続けてきた彼らマルーン5が、9月25日に初となるオールタイムベスト『シングルス』をリリース。本日9月1日から予約がスタートした。

マルーン5がこんなにも支持され続けてきたのは、紛れもなく音楽の力である。アダム・レヴィーンのメロディックでソウルフルな歌声と、躍動感溢れるバンドの演奏。ブルーアイドソウル的だった初期から、ポップ、ファンク、ロックはもちろん、エレクトロ、ダンスホール、アダルトコンテンポラリーなど様々な要素を取り入れながら柔軟に変遷。アルバムごとにカラーは異なっているが、その底辺につねに流れているのは、美しく切ないメロディと、カラッとドライな抜けの良さ。これぞマルーン5の音楽だと言い切れる絶対的な個性と魅力を放ち続けている。前身グループのカーラズ・フラワーズ時代を含めると、なんと20年を超えるキャリアを持つにも関わらず、この時点で新たなピークに上り詰め、まだその人気を上昇させているのだから驚かずにはいられない。リスナーの立場に立ち、人々が待ち望むもの、人々が歓迎する音楽を創造しようという意思を感じさせてくれる。

ここまで彼らをモンスターバンドへ成長させたのは、音楽性はもちろんのこと、アダム・レヴィーンの社交的な性格や、今やスーパーセレブとなったフロントマンの存在を裏から、横で、陰で上手く支えるアダム以外のメンバーの存在があるからだろう。現在のメンバーは5人から6人組へと増加しており、キーボード奏者のジェシー・カーマイケルが一時期グループを離れ休業していたのが、再度復帰し、彼の休業中に代わって加わっていたPJモートンが、ジェシー復帰後もそのままグループに留まっているという、あまり語られていない素晴らしい美談が実は存在する。

彼らの軌跡を追うと、私たちの人生のサウンドトラックとも呼べるほどに、私たちの記憶・思い出に根強く印象づけられており、自らがどんなにか彼らの楽曲に元気をもらい感動し影響を受けてきたかを思い知る。

全米1位を獲得しイギリスで歴代ダウンロード・シングル売上第3位を獲得した「ムーヴス・ライク・ジャガー」、全米1位獲得の「ワン・モア・ナイト」「メイクス・ミー・ワンダー」、全米2位を獲得し、日本においてマルーン5の全シングルの中で最も売れている「ペイフォン」他、まもなくミュージック・ビデオ再生回数が7億回超えの全米2位シングル「シュガー」、アメリカのラジオのトップ40チャートの過去18年間で、バンド部門でリリース週のランクが最も高いシングルとして記録を残した「マップス」、日本でもテレビCMソングとして馴染みのある「サンデイ・モーニング」「ウォント・ゴー・ホーム・ウィズアウト・ユー」「デイライト」「シー・ウィル・ビー・ラヴド」「ディス・ラヴ」など、あらためて聴き返しても全曲いい曲すぎて感動さえおぼえる。

全ミュージックビデオの合計再生回数は29億回超え。日本でのアルバム・セールスは160万を超える。こんなにも素晴らしいベスト・アルバムを届けてくれたマルーン5、来日まであと一日。超特大ヒット曲を完全網羅したこのファン必携盤『シングルス』で、公演に参加する人も残念ながらできなかった人も、今年の秋はマルーン5一色に染まろう。


リリース情報

2015.09.25 ON SALE
ALBUM『SINGLES』


ライブ情報

MAROON 5 World Tour 2015
09/02(水)神奈川・横浜アリーナ


マルーン5 OFFICIAL WEBSITE


150901-YM-14430001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人