オーラル山中拓也、声帯ポリープ手術のためライブ活動休止

2015.08.28

1508021-TR-150001
THE ORAL CIGARETTESの山中拓也(vo&g)が、自身の声帯ポリープの摘出手術のために、バンドのライブ活動を一時休止することが発表された。

山中は昨年末から声帯ポリープを患っており、これまで経過観察と共にライブ活動を続けてきたが、9月22日の新木場スタジオコーストでのライブを終えたところで、ポリープの摘出手術を行い、ライブ活動を休止。その後は12月以降に、活動の再開を予定しているとのことだ。

そして、活動再開後に行われるZepp DiverCityでのリベンジワンマンライブと、対バン全国ツアーもあわせて発表。

リベンジワンマンライブ『唇リベンジワンマン ~復活・返上・BKW!! の巻~』は、2016年1月4日にZepp DiverCityにて開催。7月14日に、山中の喉の不調により公演内容を大幅に変更して行ったZepp DiverCityワンマンライブのリベンジ公演になるとのことだ。チケットの詳細などは後日発表。続報を待とう。

対バン全国ツアーは『唇ツーマン TOUR 2016 ~復活・激突・BKW!!の巻~』と題され、2月8日京都MUSE公演を皮切りに、ファイナルの3月20日新木場STUDIO COAST公演まで、全国10ヵ所をまわる。8月28日から9月7日までオフィシャルサイトにて先行予約を受付中だ。

山中拓也 コメント

皆さん、急なお知らせになってしまい驚かせてすみません。

このたび、僕の喉に患っていた声帯ポリープの摘出手術を行うため、9月22日のライブを最後に、約2ヵ月間ライブ活動をお休みさせていただきます。

いつもTHE ORAL CIGARETTESのライブを楽しみにしていただいている皆さんには申し訳ない気持ちと悔しさでいっぱいです。

昨年の12月にポリープが見つかってから約9ヵ月間ポリープと向き合ってライブ活動を行ってきました。

わかった時点で休止したほうがよかったのではないか? と頭をよぎったこともありますが、ライブに足を運んでくれる皆さんの顔が思い浮かんだり、自分の中でたくさん悩んだ結果、このタイミングまでライブすることを決断しました。ただ、SiMとの函館公演やZepp DiverCityでのワンマンライブで声が出なくなったり、この決断をしたことで皆さんに迷惑をかけてしまったことも事実です。本当にすみませんでした。

ですが、この9ヵ月間、ファンの皆さんと築き上げてきた信頼関係は自分にとってかけがえのないものであり、本当に幸せな時間でした。たくさんのファンに支えられてここまでやることができました。本当にありがとうございました。

残りのライブも今までどおり全力でやって、そこからは治療に全力で励みます。

喉の手術をすることは不安もあるし、みんなにも心配かけたり忘れられたりするかもしれません。

でも僕は今すごく前向きにこれからのことを考えられています。そして、今回の件で自分はさらに強いボーカリストになれる気がしています。

またひとつたくましくなった姿で帰ってきたいなと思っています。

そしてなにより願うのは、この夏フェスで出会ったたくさんの人や、ずっと応援してくれている皆さんとまた一緒にライブをすること。

しっかり復活した姿を見せたいと思っていますので、待っていてください。

また一緒に最高のライブができることを楽しみにしています。

THE ORAL CIGARETTES Vo/Gt 山中拓也


ライブ情報

THE ORAL CIGARETTES唇リベンジワンマン ~復活・返上・BKW!! の巻~
2016年
01/04(月)東京・Zepp DiverCity

THE ORAL CIGARETTES 唇ツーマン TOUR 2016 ~復活・激突・BKW!!の巻~
2016年
02/08(月)京都・MUSE
02/11(木・祝)香川・高松MONSTER
02/12(金)広島・CLUB QUATTRO
02/14(日)福岡・DRUM LOGOS
02/19(金)宮城・仙台RENSA
02/21(日)北海道・札幌PENNY LANE
03/05(土)新潟・LOTS
03/11(金)大阪・ZEPP NAMBA
03/13(日)愛知・ZEPP NAGOYA
03/20(日)東京・STUDIO COAST



THE ORAL CIGARETTES OFFICIAL WEBSITE


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人