山崎まさよし、20周年を記念して20人のファンと“ROSE”で乾杯

2015.08.20

1508020-TR-140001

デビュー20周年を9月25日に控えた山崎まさよしが、8月19日、大崎ゲートシティにてこの日発売された10年ぶりのベスト盤『ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~』『UNDER THE ROSE~B-sides & Rarities 2005-2015~』の発売記念イベントを行った。

17時30分、大崎ゲートシティ・アトリウムに登場した山崎まさよし。つめかけた1,800人のファンの歓声に迎えられ、弦楽四重奏という豪華な編成で、まずはミディアムテンポのナンバー「星空ギター」(2012年シングル)、終戦記念日に寄せ戦争で亡くした祖父に向けて書いたという「花火」(2011年シングル)を披露。今年春に全国ツアーをまわったカルテットのメンバーとの再会を喜びながらの息のあった素晴らしい演奏に思わず足を止める通行人も多数いた。

4曲目の「Flowers」では観客席から手拍子も起こり、リズムに合わせて体を左右に揺らす観客の様子はまるでライブ会場のようだった。最後は1997年にロングヒットを記録した代表曲「One more time, One more chance」を演奏。客席からはさざ波のような拍手が沸き起こった。

演奏後は、ファン20人を壇上に招き、この日発売されたベストアルバム『ROSE PERIOD』にちなんで“ロゼ”ワインで乾杯。20年間支えてきてくれたファンとともに祝杯をあげ、客席からも「おめでとう!」の声が次々とあがった。

さらにサプライズとして、この日ファンが持ち寄った“ROSE”=薔薇の花を束ねた大きな花束を贈呈された山崎まさよし。その大きさに戸惑いながら「薔薇が似合いませんね。本当にありがとうございます。体が動くかぎり歌をうたっていきます」と感謝の言葉を述べ、感無量の様子だった。

アルバムは、8/18付のオリコンデイリーCDアルバムランキングに2タイトル同時TOP10入り(4位・7位)を果たし、好発進。

山崎まさよしは、9月23日に、盟友・東京スカパラダイスオーケストラのホーンセクション、そして杏子、スキマスイッチ、秦 基博ら、山崎が所属するオフィスオーガスタ所属アーティストがレコーディングに参加した記念シングル「21世紀マン」をリリース。9月26日には21歳で上京当時、住んでいた縁(ゆかり)の地・横浜の赤レンガ倉庫にて『YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015』と称した野外イベントを行う。

その後は10月29日より、彼のライフワークともいえる全国津々浦々をまわるライブツアーがスタート。20周年を迎えてますます精力的なライブ活動を行っていく。詳細はオフィシャルサイトまで。


リリース情報

2015.08.19 ON SALE
ALBUM『ROSE PERIOD 〜the BEST 2005-2015〜』

2015.08.19 ON SALE
ALBUM『UNDER THE ROSE 〜B-sides & Rarities 2005-2015〜』

2015.09.23 ON SALE
SINGLE「21世紀マン(20th anniversary ver.)」


イベント情報

YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015〜20th Anniversary〜
09/26(土)神奈川・横浜 赤レンガパーク 野外特設ステージ
出演:山崎まさよし/杏子/COIL/あらきゆうこ/元ちとせ/スキマスイッチ/長澤知之/秦 基博/さかいゆう/浜端ヨウヘイ/竹原ピストル


YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015〜20th Anniversary〜 OFFICIAL WEBSITE

山崎まさよし OFFICIAL WEBSITE


1508020-TR-140000

1508020-TR-140002

『ROSE PERIOD 〜the BEST 2005-2015〜』

1508020-TR-140003

『UNDER THE ROSE 〜B-sides & Rarities 〜2005-2015〜』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人