世良公則、つるの剛士のオファーを受け『a-nation stadium fes.』に出演

2015.08.19

150819-YM-17390000

世良公則が、つるの剛士からのオファーを受け、8月29日に『a-nation stadium fes.』のステージに参戦することが決定した。

内容は当日までお楽しみだが、奥田民生の書き下ろしで話題の、ニューシングル「いつものうた」世良公則feat.つるの剛士(9月16日発売)の初披露の期待が高まる発表となっている。また、この発表に合わせて、世良公則アニバーサリー特設サイトでは新曲「いつものうた」のミュージックビデオのフルバージョンが公開。シングルの収録内容も解禁された。

「いつものうた」は、『世良公則アニバーサリーイヤー2015』の第2弾アイテムとしてリリースされるニューシングル。奥田民生の作詞作曲による、世良公則初のデュエットソングとなっている。まだまだ旅は、続いていく……そんな奥田民生ワールドを、ブラスセクションも加えたアレンジで、ご機嫌なロックンロールナンバーに仕上げている。

広島出身の世良公則と奥田民生、そして幼少期を広島で暮らしたつるの剛士。広島ゆかりの男たちが三世代で織りなすこの楽曲は、世良公則がデビュー当初からの夢でもあった“世代を超えてロックを共有すること”を体現した初めての作品となる。

世良公則が、今年12月に60歳を迎えるアニバーサリーイヤーに際し、オファーに応えて書き下ろし曲プレゼントした奥田民生は「広島繋がりということで、曲を作らせていただいてありがとうございます。たしか、小学6年生くらいにテレビでツイストを観て、ロック御三家のうちの2組が広島出身ということを誇りに思っていました」とコメント。相棒に指名されたつるの剛士も「どの世代が歌ってもはまるロックンロール。ホント格好いいですよ!」とコメント。いみじくも世良60歳、奥田50歳、つるの40歳の3世代そろい踏みのコラボレーション。今年、最も“歌いたくなるデュエットソング”として期待が高まる。

現在公開中の「いつものうた」のミュージックビデオのメガホンをとったのは、ミュージックビデオ界の巨匠・板屋宏幸。奥田民生「さすらい」「イージュー★ライダー」、井上陽水奥田民生「ありがとう」などの名作を多数、撮ってきたベテランだ。最近では浜田省吾『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』収録楽曲も担当しており、最高のロックンロールな映像作品となっている。なお、ミュージックビデオは初回限定盤のDVDにも収録される予定だ。

初回限定盤のカップリング曲には、『つるのうた3』に収録された「銃爪」のデュオver.を新たにリマスタリングして初収録。「いつものうた」オリジナルカラオケを含む全3曲収録となる。

そして、DVDでしか観ることのできない、未発表の”もうひとつ”の「いつものうた」ミュージックビデオをプレミアム収録。さらには、CDジャケット撮影やミュージックビデオ撮影時のメーキング映像も特典映像としてコンパイルしている。

通常盤のカップリングには、「銃爪」をあらたにリマスタリングして収録。「いつものうた」のオリジナルカラオケに加え、ツイストのオリジナルメンバーの神本宗幸が新曲「凛」を書き下ろし特別収録している。アニバーサリーを迎えた世良公則に贈る、盟友からの友情のピアノ曲となった。


リリース情報

2015.08.26 ON SALE
音屋吉右衛門(世良公則×野村義男)

ALBUM『オトコノウタ』

2015.09.16 ON SALE
世良公則feat.つるの剛士

SINGLE「いつものうた」


特設サイト「世良公則 ANNIVERSARY YEAR 2015」特設サイト


初回限定盤[CD+DVD]

初回限定盤[CD+DVD]

通常盤[CD]

通常盤[CD]

150819-YM-17390003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人