ファレル・ウィリアムス、サマソニで世界的ヒット曲連発の圧巻ライブ

2015.08.17

1508017-TR-150012

シンガー、ソングライター、プロデューサーとしてはもちろん、ファッション/カルチャー・アイコンとしても世界にその名を知らしめるスーパーマルチアーティスト、ファレル・ウィリアムスが『SUMMER SONIC 2015』で9年ぶりとなるライブパフォーマンスを披露。約90分に渡るパフォーマンスで、幕張公演のマリン・ステージ(QVCマリンフィールド)に集結した3万5千人のオーディエンスを“ハッピー”で“フリーダム”なオーラに包みこんだ。

2015年のサマーソニックのテーマは、ずばり“ポップ”だった。アリアナ・グランデやカーリー・レイ・ジェプセンのような最新の歌姫から、ZEDDやマデオンのようなダンス・アクト、イマジン・ドラゴンズやマックルモア&ライアン・ルイスのようなバンドまで、「今、世界のポップミュージックシーンでは何が起こっているのか?」をリアルタイムで見渡せる縮図のラインナップだったからだ。

なかでも、そんな今年のサマーソニックを象徴するアクトだったのがファレル・ウィリアムス。事実、彼ほどここ数年のポップ・ミュージックを先頭で牽引し続けているアーティストはいない。昨年リリースの最新ソロ・アルバム『G I R L / ガール』も大ヒットを記録し、シングルの「Happy」は米ビルボードの年間シングルチャートでも1位を記録、2014年を象徴するナンバーとなった。

そんなファレルの約9年ぶりの来日ステージとなったサマーソニック。とっぷり日が暮れて群青色に包まれたスタジアムは、スタンドの上のほうまでみっしりオーディエンスで埋まり、その3万5千人の大歓声に迎えられてファレルがダンサーたちと共に登場。記念すべきオープニングは最新シングル「Freedom」だ。アップルミュージック独占で先行公開されたことでも話題のこの曲、のっけからファレルのファルセット・シャウトが轟き、会場は一気にヒートアップする。その後も「Come Get It Bae」、ネプチューンズ時代の「Frontin’」と、ソウル、ヒップホップ、ファンクとくるくる表情を変えながら、ノンストップで歌い、踊り繋ぐファレル。そのさまは、まさにエンターテインメント。容赦なくアゲて、アゲて、さらにアゲまくる、フェス・セットとして最高のスターターだ。

それにしても改めて驚くのが、ファレル・ウィリアムスその人の若々しさだ。実年齢を超越した軽やかな身のこなしと相変わらずスタイリッシュな出で立ち、音楽のカリスマとしても、ファッションアイコンとしても、彼は年を追うごとに洗練され、アップデートされていく。そしてその若々しさを前にすると忘れそうになってしまうが、彼は20年以上のキャリアを誇るベテランでもあって、ソロアーティストとして、ヒットソングメイカーとして、いくつものプロジェクトのフロントマンとして、そしてプロデューサーやコラボレーターとしても多方面で活躍している。この日のセットはそんな彼のいくつもの顔をフィーチャーするオールキャリアの集大成的内容になっていた。

ショーの中盤はN*E*R*D時代のナンバーが立て続けにプレイされ、ヒップホップとロックの攻撃的ミクスチャーサウンドでもってスタジアムのムードががらりと一変する。数十人のファンが一斉にステージに上がり、曲に合わせて思い思いに体を揺らし、その光景に煽られるようにアリーナも狂騒の渦に突入していく。N*E*R*Dの大ヒットチューン「She Wants to Move」ではセクシーなダンスを繰り広げるファンの女の子たちとファレルがまるでコラボのように絡みながら踊る。最後に「日本の女の子たち、ありがとう! カワイイ〜!」と彼は叫んでいたけれど、まさに今回のライブで大きなテーマとなっていたのが「女性たちへのリスペクト」で、これは『G I R L / ガール』にも共通するテーマだ。

5人の女性バックダンサーによるダンスバトル風のソロコーナーを挟んでの後半戦は、ファレルのプロデューサー、コラボレーターとしての側面を大フィーチャーした問答無用の大ヒットチューン乱れ撃ち! のセクションだ。ダフト・パンクの「Lose Yourself to Dance」、グウェン・ステファニーの「Hollaback Girl」、スヌープ・ドッグの「Beautiful」と、誰もが知っているあの曲にも、この曲にもファレル印が刻印されていたことを、彼自身のゴージャスなパフォーマンスが証明していく。

特にすごかったのが、ロビン・シックの「Blurred Lines」、ダフト・パンクの「Get Lucky」、そしてファレル自身の「Happy」と、直近2年間の世界のポップミュージックを代表するアンセム中のアンセムが3曲連続で披露されたクライマックスだ。こんなとんでもないセットリストを組める男は地球上でファレルただひとりしかいない! 「Get Lucky」以降は3万5千人のオーディエンスがスタンド席まで含めて総立ちのダンスパーティと化し、子供たちがステージに上がって可愛らしいダンスを披露した「Happy」も最高にピースフルな瞬間だった。

そしてラストは再びの「Freedom」。ハッピーでフリーダム、そんなどこまでもポジティブで力強いメッセージがエンディングの花火と共にスパークしたファレルのステージは、今年のサマーソニックを、そして今年の夏それ自体を締めくくるにふさわしい最高の幕切れを飾った。

<8月16日 セットリスト>
1. Freedom
2. Come Get It Bae
3. Frontin’
4. Hunter
5. Marilyn Monroe
6. Brand New
7. Nothing / Move That Dope / Alright  / Hot in Herre / Just Wanna Love U / Pass The Courvoisier, PartII(メドレー)
8. Spaz
9. Rockster
10. Lapdance
11. She Wants To Move
12. It Girl
13. Lose Yourself To Dance
14. Gust Of Wind
15. Hollaback Girl
16. Beautiful
17. Drop It Like It’s Hot
18. Blurred Lines
19. Get Lucky
20. Happy
21. Freedom

TEXT BY 粉川しの
PHOTO BY Yoshika Horita


リリース情報

2015.07.01ON SALE
DIGITAL SINGLE「フリーダム」
※iTunesにて配信中(iTunes以外は順次配信予定)


ファレル・ウィリアムス OFFICIAL WEBSITE


 

1508017-TR-150013 1508017-TR-150014 1508017-TR-150015

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人