家入レオ、月9ドラマ「恋仲」撮影現場をサプライズ表敬訪問

2015.08.17

150817-CI-01500

今週8月19日に10枚目となるニューシングル「君がくれた夏」をリリースする家入レオが、主題歌を担当し、現在絶賛放送中のフジテレビ系月9ドラマ「恋仲」の撮影現場を、サプライズで表敬訪問した。

ドラマ「恋仲」は、福士蒼汰が主演を演じる王道の純愛ラブストーリー。7月20日の初回放送以来、10代を中心に人気沸騰、放送回を重ねるごとにSNSを中心に「恋仲」現象ともいえる話題を独占している。

この日、主人公・葵の自宅での撮影シーンにのぞむ福士蒼汰、太賀、大原櫻子、市川由衣および撮影スタッフには、完全シークレットで行われた今回の表敬訪問。キャスト、撮影スタッフは何も知らされない中、撮影の合間となったタイミングで主人公・葵の部屋に組まれた撮影セットのバスルームから、ギターを持った家入がサプライズで突然登場!

先日の「FNSうたの夏まつり」でドラマ主題歌「君がくれた夏」を歌唱初共演した大原櫻子の「なんで〜! どうして!!」の声にはじまり、収録現場が驚きに包まれるなか、家入が「撮影お疲れ様です! 今日も撮影がうまくいきますように、主題歌の<君がくれた夏>を歌わせてもらいに来ました!」と挨拶をして、さっそく「君がくれた夏」のサビを弾き語りで生歌唱。歌い終えた家入に撮影現場からは拍手と歓声が沸きあがった。

サプライズ歌唱となった今回の表敬訪問に、家入は「すごい緊張しました。ドラマの現場に行かせていただいたことは今までもあったんですけど、歌うってことがなかなかないことだったんで。それも今日のようなセットの中で、ドラマの一視聴者として参加させていただいて緊張とともにとても感激しました。生放送で歌うより緊張したかも!!」とコメント。

また、撮影現場となった葵の部屋のセットには「思ったより普通の家のサイズ(のセット)で撮影されていて、ここでいろんなドラマが繰り広げられていると思うと、とても感激しました」と、自身も熱心な「恋仲」視聴者のひとりとして感想を語った。

無事サプライズ歌唱を終え、自身のCDやレオうちわを、主演の福士蒼汰はじめ、太賀、大原櫻子、市川由衣のキャスト陣に手渡しした家入。同世代ならではの和やかなムードでの記念撮影をもってこの日の表敬訪問は終了した。

本日8月17日21時から放送される第5話は、葵とあかりの今後の展開において重要な話になっているとのこと。是非チェックしてみよう。

福士蒼汰が「ドラマにすごくぴったりの曲だと思いました。一回聴くとすぐに口ずさんでしまう、そんな耳に残る、記憶に残る曲だと思います」と語る、家入レオの10枚目のニューシングル「君がくれた夏」。8月19日のCD発売に先駆けて、本日17日より主要配信サイトにて先行配信がスタートする。

なお、家入は、CD発売日となる8月19日に『お台場夢大陸 めざましライブ』に出演し、ライブ後には特典お渡し会を開催。続く8月22日は『情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA’15』の東京公演、翌23日には、エアポートウォーク名古屋(愛知)、あべのキューズモール(大阪)にて、ミニライブ&特典お渡し会となるリリース記念イベントを開催する。

また、8月21日にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」、翌22日にはフジテレビ系「MUSIC FAIR」と、TV出演も多数予定している。詳細はオフィシャルサイトまで。


リリース情報

2015.08.19 ON SALE
SINGLE「君がくれた夏」


「恋仲」 OFFICIAL WEBSITE

家入レオ OFFICIAL WEBSITE


1506124-TR-090000

完全生産限定盤

完全生産限定盤

通常盤

通常盤

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人