日本初のアイドルカルチャー・ドキュメンタリー映画に、drop、きゅい~ん’ズら出演

2015.08.14

150814-YM-10220000

国際的にもブームになりつつある日本のアイドル文化を世界へ紹介すべく、日仏英の共同チームにより制作される日本初のアイドルカルチャー・ドキュメンタリー映画「THE LAND OF IDOLS」に3組のアイドルが出演することがわかった。

現在決定しているのは“2000年にひとりの美少女”と称され話題の、滝口ひかり擁するアイドルユニットdrop、ロックの大御所クイーンに由来したグループ名で洋楽をオマージュする6人組きゅい~ん’ズ、女優・歌手・コスプレイヤーとして活躍する藤崎ルキノの3アーティスト。

ガールズバンドから秋葉原の地下アイドル、ご当地アイドルまでを広く網羅する本作では、計10組以上のアイドル(他の出演アイドルは決定次第発表)のほか、マネージャー、ファン、研究者などのインタビュー等も交え、日本のアイドル文化をより深く多角的に紹介。各国映画祭での上映を視野に入れ、世界中の観客を日本独自の「アイドル」を巡る旅に誘う。

監督は音楽番組のディレクターやヴェネチア映画祭上映作などの映画脚本家としてのキャリアを持つ、在日13年のフランス人、ジャン=アルマン・ブグレル。さらに映画の国際共同制作・宣伝で実績多数のプロデューサー、ベルリン映画祭受賞作やサザンオールスターズなどの日本を代表するアーティストのLIVEやミュージックビデオなど、映画・音楽シーンの第一線で活躍する撮影・技術スタッフがタッグを組み、ハイクオリティな作品を生み出す。

現在クラウドファウンディング・サイト「モーションギャラリー MotionGallery」では、本作への制作支援を募集中。本作を通して日本のアイドル文化やお気に入りのアイドルの海外進出を応援しつつ、特典としてサポーター限定版の特典映像付DVD、Tシャツや、東京でのワールドプレミア上映ご招待等がプレゼントされる。締め切りは8月21日までとなっているのでお早めに。

モーションギャラリー「THE LAND OF IDOLS」クラウドファンディングページでは、drop、きゅい~ん’ズ、藤崎ルキノの本プロジェクト撮り下ろしプロモクリップも公開中!

ニッポン・コネクション日本映画祭(ドイツ・フランクフルト)コメント
ニッポン・コネクション日本映画祭は単なる映画祭ではなく、映画ファンの観客や特に日本の文化・サブカルチャー、カルチャーに関わる現象に関心のある人々の出会いの場でもあります。非常に興味深いことに、当映画祭のニッポン・ビジョン観客賞は、2年連続でドキュメンタリー作品が受賞しています。「THE LAND OF IDOLS」はニッポン・コネクション日本映画祭にとって大変関心の高いトピックをカバーしており、作品を拝見するのを楽しみにしています。

「twitch」Founder & 編集者 トッド・ブラウン(カナダ・トロント) コメント
単なるティーン・バンドを越えた、日本の<アイドル>が起こしている独特の現象に比類するものはない…。
「THE LAND OF IDOLS」はその裏側をユニークな視点で覗かせてくれるに違いない。


モーションギャラリー「THE LAND OF IDOLS」クラウドファンディングページ 

「THE LAND OF IDOLS」 OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人