ウルフルズ、すべてを“エアー”で表現した新曲MV公開

2015.08.11

1508011-TR-090000

ウルフルズが9月9日にリリースするニューアルバム『ボンツビワイワイ』の収録曲「スポーティパーティ」が、ASICS“トレーニングウェア”キャンペーンソングに決定した。

この楽曲は、“スポーツ”というキーワードと今作のアルバムコンセプトである“パーティ”というテーマを融合させて制作。楽曲についてメンバーは「オシャレして、はりきって、盛り上がって、はじけて、笑ったり感極まったり、出逢い、別れ、つまりスポーツはパーティだ! と、こう思ったわけです。そうと決まれば話は早い。あとはパーティソングをやるだけ」と語っている。

9月9日にリリースされるアルバムは、大人の遊び心満載の作品。復活第1弾のアルバム『ONE MIND』もウルフルズらしい作品に仕上がっていたが、今作はさらに肩の力が抜けた、これぞウルフルズという作品に仕上がっている。トータル分数も34分15 秒という潔さ。初期のウルフルズを彷彿とさせるシンプルで濃厚なロックンロールが詰まったパーティソングアルバムだ。

そして、そんな 「スポーティパーティ」のミュージックビデオが完成。このミュージックビデオもウルフルズ×ASICSによるコラボレーション作品となっている。サッ カーの乾貴士選手、大迫勇也選手のほか、レスリングの吉田沙保里選手や陸上競技の福島千里選手らが登場し、ウルフルズのパワフルなライブシーンとスポーツ 選手とのコラボレーションが実現した。

監督は昨年、第1弾配信シングルとしてリリースした「どうでもよすぎ」のミュージックビデオを手がけた岡川太郎。撮影は朝9時からスタート。この日は朝から快晴で、日中になるとどんどん気温が上がり、33℃を超える暑さとなった。今回のミュージックビデオは、すべてをエアーでパフォーマンスするというコンセプトで、選手たちの動きもすべてエアー、トータス松本のエアーマイク、ウルフルケイスケのエアーギター、ジョンBのエアーベース、そしてサンコンJr.のエアードラム…(サンコンJr.はエアーイスでエアードラムを叩くという、体を張ったシーンも!) という何とも斬新な作品に仕上がっている。

ウルフルズは過去に数多くのミュージックビデオを撮影してきたが、エアーで表現するミュー ジックビデオは初の試みとなる。今回は監督のイメージを元に、衣装もかなり派手になっている。両袖、両足、背中の見頃がすべて違うという派手なスーツはオー ダーメイド。制作期間は1週間で、生地はジャージの生地で全7色を使用している。

そして、体を張ったシーンは、エアーだけにとどまらず、 雨に打たれるシーンも撮影。大量の雨に打たれながらも熱いパフォーマンスを魅せ、まったく年齢を感じさせない圧巻のシーンに。「雨に打たれるとテンション あがるな~!」と余裕の表情を見せる。また、メンバーは太極拳にも初挑戦した。師匠の動きを見よう見まねで行うメンバーの慣れない動きにも要注目だ。

このミュージックビデオは、スペースシャワーTVで、本日11日、午前6時よりオンエアの「BIG HITS!」にて初オンエア。また、この映像素材を使用した「スポーティパーティ」の30秒、60秒のショートバージョン映像もスペースシャワーTVにて、本日より放送される。

さらに、ウルフルズは、スペースシャワーTV9月の月間イチオシアーティストに決定。9月13日に、特別番組「V.I.P. -ウルフルズ-」がオンエアされる。その他にもミュージックビデオ特集や出演ライブ特番など、ウルフルズ関連コンテンツが目白押しとなる。

ミュージックビデオに出演した選手 コメント
<吉田沙保里選手>
レスリングは相手があるスポーツなので、「エア」という表現の仕方が難しかったです。
「スポーティパーティ」は耳に残る良い曲なので、自然と口ずさみながら撮影をしていました。

<乾貴士選手>
初めての「エア」サッカーは難しかったけれど楽しく撮影することができました。
「スポーティパーティ」はモチベーションが上がる曲なので、試合前などに聴きたいと思います。

<大迫勇也選手>
ボールなしのパフォーマンスは初めての経験で楽しかったです。ウエア選びの際は着心地を重視するのですが、撮影中に着用した新作はフィット感も良く、動きやすかったです。


リリース情報

2015.09.09 ON SALE
ALBUM『ボンツビワイワイ』


「スポーティパーティ」ミュージックビデオ

ウルフルズ OFFICIAL WEBSITE


1508011-TR-090001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人