たんこぶちん、白熱のフリーライブに、元プリプリ中山可奈子がサプライズ出演

2015.08.06

150806-TK-200500

「10代最後の夏」をテーマにした3rdアルバム『TANCOBUCHIN vol.3』を8月5日に発売した“たんこぶちん”が、同日に渋谷TSUTAYA O-nestにてリリース記念フリーライブを開催した。

新作の購入者を対象としたイベントということで、彼女たちのTシャツを着用した人も数多く見られ、熱心なファンで埋め尽くされた会場。その期待値の高さを象徴するように、ライブは冒頭から圧巻の盛り上がりを見せる。

YURI(g)のワイルドなギタープレイから「We are the Girls Band!!!!!」でライブが始まると1曲目から拳を振り上げ、飛び跳ねる観客が続出。ミュージックビデオが先行公開されていたリード曲「花火」では、しっかりと予習してきたことを伺わせる、息の合った手拍子でオーディエンスも一丸となって盛り上げていく。

今年の春からメンバー全員が上京し、これまで以上に精力的なライブ活動を展開してきた彼女たち。フロアを巻き込んでひとつにする“ライブ力”が増しているのは、この日のライブでも一目瞭然だ。

可憐なルックスのボーカル、MADOKAだが、「泣いてもいいんだよ」での力強い歌唱ではその芯にあるものの確かさを感じさせる。「一緒にお祝いしよう!」と呼びかけて、観客のタオルを乱舞させた「シアワセタランチュラ」などでも類まれなカリスマ性を発揮していた。

アンコールではスペシャルゲストに、プリンセス プリンセスの中山加奈子(VooDoo Hawaiians)が登場するサプライズも。ガールズバンドの大先輩との共演に感極まった様子のメンバーはテンションと集中力をより高め、中山が作詞を担当したキラーチューン「We Gonna ROCK」で記念すべき一日の幕を盛大に閉じた。

今月後半からは東京での2デイズを含む、『TANCOBUCHIN vol.3』リリース記念ワンマンライブを各地で開催する5人。数あるガールズバンドの中でも際立った存在感と演奏力に加えて、ライブパフォーマンスでも急速な進化を遂げている“たんこぶちん”から今後も一層、目が離せない。

なお、現在“たんこぶちん”が、夏の名曲をカバーするYouTubeスペシャル企画が開催中。本日8月6日12時には、第2弾として、JITTERIN’JINNの大ヒット曲で、Whiteberryのカバーでもおなじみの名曲「夏祭り」をカバーした、『たんこぶちんの~夏の名曲演ってみた~(2)「夏祭り」』が公開されており、こちらも必見だ。


リリース情報

2015.08.05 ON SALE
ALBUM『TANCOBUCHIN vol.3』


たんこぶちん OFFICIAL WEBSITE


150806-TK-200501150806-TK-200502

Type-A

Type-A

Type-B

Type-B

Type-C

Type-C

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人