サカナクション、映画「バクマン。」主題歌「新宝島」9月リリース決定

150715-CI-182000

サカナクションが、映画「バクマン。」主題歌となる新曲「新宝島」を9月30日にリリースすることが決定した。

昨年10月にリリースした10枚目のシングル「さよならはエモーション/蓮の花」以来、約1年ぶりの新曲となる「新宝島」は、「アルクアラウンド」「アイデンティティ」「ミュージック」といったヒット曲に続く、バンドの新たな代表曲となる予感に満ち溢れた力強い楽曲。10月3日から始まる全国ツアーでもオーディエンスの反応を最高潮に導くこと必至のアッパーチューンだ。映画「バクマン。」予告編映像ではその一部が確認できる。

主題歌となる「新宝島」は、ジャンプの頂点を目指すふたりの高校生漫画家を描いた映画「バクマン。」からインスパイアされ、「線を描く」がテーマ。「丁寧に描くよ」と歌う歌詞は、音楽家として「モノを作る苦しみ」に深く共鳴したがゆえに生まれたのだという。「新宝島」という曲名は、手塚治虫が1947年に発表した同名の漫画から。普段漫画をほとんど読まない山口一郎は、「バクマン。」の音楽を担当するにあたり、様々な漫画を研究。漫画の古典として読んだ手塚治虫作品に非常に感銘を受け、この楽曲でバンドとしても新しい地平を目指したいという思いも重なり意欲的な曲名となった。

3種類のリリース形態のうち、2CD+DVDとなる豪華初回限定盤は、映画「バクマン。」と完全連動した映画「バクマン。」BOX仕様。サカナクションが手掛けた、劇中で使用される映画音楽が、30分を超える1曲の大作「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」として収録される。

全編に音楽が鳴り渡る音楽映画「バクマン。」。映画と同様にその音楽世界にリスナーがノンストップで没頭できるようにとの思いから、週刊少年ジャンプをめくる音で映画音楽がノンストップで展開される大作となった。映画音楽の発表方法としては異例のアプローチの表現となっており、サカナクションならではの仕掛けとなる。

映画音楽は、主人公が漫画を執筆するペンの音がそのまま音楽になっていくなど緻密な計算のもと構築された楽曲が満載で、完成音源の仕上がりが注目される。なお、映画音楽全般をサカナクションが担当するのは本作が初めてとなる。

「新宝島」のリリース発表に合わせて、タワーレコード、TSUTAYAなどの店舗で、8月5日リリースのアルバム『懐かしい月は新しい月』および、9月30日リリースのシングル「新宝島」2作連続W購入者対象の応募抽選イベント「VISUAL&TALK SESSION」が実施されることが決定。同企画は、アルバム『DocumentaLy』『sakanaction』リリースタイミングでも実施され、過去2回は山口一郎が進行を務め、楽曲やライブの制作の裏側を山口自らが秘蔵映像と共に語る内容に。今回も貴重なトークが期待できそうだ。開催地は、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡が予定されている。

今後もシングルの収録楽曲や、初回限定盤の豪華特殊パッケージの詳細が順次発表されるので、こちらもお楽しみに。


リリース情報

2015.08.05 ON SALE
ALBUM『懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜』

2015.09.30 ON SALE
SINGLE「新宝島」


ライブ情報

SAKANAQUARIUM2015-2016
10/03(土)北海道・北海道立総合体育センター北海きたえーる
10/07(水)・08(木)愛知・日本ガイシホール
10/17(土)・18(日)大阪・大阪城ホール
10/26(月)・27(火)東京・日本武道館
11/13(金)・14(土)福岡・福岡サンパレス
11/21(土)北海道・小樽市民会館
11/23(月・祝)北海道・函館市民会館大ホール
11/28(土)岡山・倉敷市民会館
11/29(日)広島・広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)
12/04(金)愛媛・松山市民会館大ホール
12/06(日)香川・サンポートホール高松大ホール
12/13(日)滋賀・びわ湖ホール 大ホール
12/19(土)石川・本多の森のホール
12/20(日)新潟・新潟県民会館

2016年
01/10(日)・11(月・祝)宮城・仙台サンプラザホール
01/16(土)福島・郡山市民文化センター 大ホール
01/17(日)岩手・盛岡市民文化ホール 大ホール
01/29(金)長崎・ブリックホール 大ホール
01/31(日)鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一


サカナクション OFFICIAL WEBSITE


 

150701-TR-090000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人