関西を代表するバンドが渋谷に集結!スぺシャで放送決定

2015.08.03

150803-SM-154401

ライブイベント『スぺシャ・ザ・ワールド -ROCK uP!!! KANSAI-』が、7月31日に東京・国立代々木競技場第二体育館で行われた。イベントに出演したのはウルフルズ、アルカラ、KNOCK OUT MONKEY、フレデリック、N’夙川BOYSという関西出身の5組に加え、“関西勢に一矢報いる刺客”として指名された名古屋出身のフラワーカンパニーズの計6 組。個性派たちが一堂に会し、約5時間にわたってパワフルなパフォーマンスを繰り広げた。

トップバッターを務めたN’夙川BOYSは「プラネットマジック」を皮切りにエネルギッシュかつ奔放なライブでぐいぐいと オーディエンスを惹き付け、「今日は関西弁縛りでいくねん!」と関西弁全開の熱いトークを展開。この日が初めての ホール公演となったフレデリックは三原健司(Vo, G)の「指定席はあなたたちだけのダンスホールですから!」という 宣言を経て「オワラセナイト」「オドループ」といったダンサブルなナンバーをプレイし、オーディエンスを踊らせる。また 三原康司(B, Vo)は関西出身の先輩バンドとの競演に興奮を隠しきれず、「うれしいなあ。自分たちがずっと聴いてき た先輩たちと同じステージに立ってます!」と喜びを爆発させた。

w-shun(Vo, G)の「遊びましょかー?」という挨拶から、「Wonderful Life」でライブを開始したのはKNOCK OUT MONKEY。彼らはストレートなロックチューンで会場にライブハウスのような熱気を生み出し、コール&レスポンスで 観客との一体感を楽しんだ。アルカラは爆音でライブの幕開けを飾ると、挑発的なロックチューン「愚痴ばっかりのロ ーレロレロ」や、激しく疾走感のあるサウンドが炸裂する「半径30cmの中を知らない」などを矢継ぎ早に投下。合間の MCでは稲村太佑(Vo, G)がボケとツッコミの入れ方を観客にレクチャーし、関西人らしい一面ものぞかせ会場を沸 かせていた。

この日唯一の“関西外”出身のフラワーカンパニーズは、バンドの代表曲「深夜高速」や新曲「消えぞこない」といった 新旧のナンバーを、関西バンドに負けぬ勢いで全力でプレイ。「真冬の盆踊り」ではオーディエンスを大いに踊らせ陽 気なムードを残して、トリのウルフルズにバトンを渡した。ウルフルズはヒット曲「ええねん」「バンザイ 〜好きでよかっ た〜」をライブ序盤で連投し、一瞬でオーディエンスの心をわしづかみにする。トータス松本(Vo, G)はトリという大役

に「若いバンドのステージを観ていて色んな気持ちを思い出しました」と口にし、貫禄たっぷりのステージングを披露し ていった。彼が「関西パワーでがんばるぞ!」と宣言したアンコールでは、「サマータイム・ブルース」と「いい女」の2曲 がにぎやかなムードに拍車をかける。そして、関西バンド5組と“関西勢に一矢報いる刺客”によるライブイベントは、 演者も観客も笑顔の中で幕を下ろした。

なおこのイベントの模様は、9月14日(月)にスペースシャワーTVにて特別番組として放送される。関西ロックシーン の猛者たちのパフォーマンスをオンエアで味わってほしい。

文:中野明子


番組情報

シャワーTV 「シャ・ザ・ワールド -ROCK uP!!! KANSAI-」
初回放送:09/14(月)20:00~
リピート放送:09/29(火)25:00~
出演:アルカラ、ウルフルズ、KNOCK OUT MONKEY、フラワーカンパニーズ、フレデリック、N‘夙川BOYS ※五十音順


シャワーTV 「シャ・ザ・ワールド -ROCK uP!!! KANSAI-」番組サイト


150803-SM-154402

KNOCK OUT MONKEY

150803-SM-154403

N‘夙川BOYS

150803-SM-154404

アルカラ

150803-SM-154405

ウルフルズ

150803-SM-154406

フラワーカンパニーズ

150803-SM-154407

フレデリック

150803-SM-154408

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人