山崎あおい、『ROCK IN JAPAN FES. 2015』にギター一本で登場

2015.08.01

150801-CI-233000

初のコンセプトミニアルバム『ピンヒールベイビー』を9月16日にリリースする山崎あおいが、今年初の野外フェスとなる『ROCK IN JAPAN FES. 2015』に出演した。

茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で今年16回目の開催となるこの大型ロックイベントに、昨年に続き、BUZZ STAGEでの“BUZZ SPECIAL”としてSAKU、井上苑子、住岡梨奈らのトリを飾った山崎。

客席の女性ファンからの「あおいちゃーん!」の声援に手を振りながら登場し、眩しいオレンジ色のワンピースにギターを携え、1stアルバム『アオイロ』に収録の「嘘だった」からライブがスタート。客席を埋めたオーディエンスを見渡し、真剣な眼差しで歌う。

「こんにちは! 山崎あおいです。楽しんでますか? 昨年に続いて2度目の出演です。昨年よりも暑い気がしますが、皆さん、熱中症には気を付けて最後まで楽しんでください!」と呼びかけ、「9月にリリースするミニアルバムの曲を初めてやります!」と、今月22歳になる彼女が、就職活動をする大学の同級生や、学生から社会人、そして女子から女性へと移り変わろうとする心の変化や葛藤をテーマに制作した9月リリースのコンセプトミニアルバム『ピンヒールベイビー』から「ナインスではじまる恋」を初披露。“ナインス”とは、彼女が好きなギターのコードのこと。出来たて、レコーディングしたての新曲を、ギター一本で楽しそうに歌った。

3曲目は、テレビアニメ「団地ともお」のエンディングテーマで、アルパカが登場するミュージックビデオが話題になったシングル「ふたりで歩けば」。そして最後は、ライブでの人気曲で、実在の友人のお母さんをモデルにした「レイコさん」。オーディエンスが思い思いにタオルを回し、一体感のあるライブを締めくくった。

8月28日には、恒例となったバースデイライブを渋谷クラブクアトロで行い、9月発売のコンセプトミニアルバムのテーマとなった大人への過渡期、変化のある22歳を迎える山崎の活動に今後も注目だ。


リリース情報

2015.09.16 ON SALE
MINI ALBUM『ピンヒールベイビー』

2015.09.16 ON SALE
DVD「Live Tour 2015 〜センチメンタルストーリー〜」


ライブ情報

山崎あおいバースデイライブ2015 〜Happy LIVE Day with YOU〜
08/28(金)東京・渋谷クラブクアトロ


山崎あおい OFFICIAL WEBSITE


初回限定スペシャルパッケージ[CD+40Pフォトブック]

初回限定スペシャルパッケージ[CD+40Pフォトブック]

通常盤[CD]

通常盤[CD]

150726-TK-144003 150726-TK-144000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人