大森靖子プロデュース、期間限定14才ユニット「ずんね from JC-WC」結成

2015.08.02

150801-TK-160000

とある女子中学校のトイレ(のみ)を舞台に、子供でも大人でもない「女子中学生」が、“女子ごころ”を洗いざらいにして、流すことのできない“感動!?” をくりひろげる新型配信連続ドラマ「女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。」(監督:白石和彌/脚本:根本宗子)。

8月末に劇場版の公開も決定した本作より、主演を務めたミスiD2014グランプリ出身の大型新人女優・蒼波純と、ラッパー役で出演した実力派14才シンガー・吉田凜音が、「女子トイレ」から誕生した期間限定14才アイドルユニット「ずんね from JC-WC」を結成することが決定した。

愛称「ずんたん」(蒼波純)と、名前「りんね」(吉田凜音)を掛け合わせた「ずんね」のプロデュースを担当するのは、ふたりと交流の深い大森靖子。大森靖子作詞・作曲、編曲にMaison book girlのプロデューサー・サクライケンタを迎えた楽曲「14才のおしえて」を絶賛制作中。後日有料配信も予定されている。

2日、世界最大級のアイドルフェスティバル『東京アイドルフェスティバル2015(TIF)」(8月1日・2日にお台場にて開催)のメインステージ「HOT STAGE SUMMER GATEスタジアム 〜キミが来れば、台場の夏が変わる〜」の『ミスiD SPECIAL STAGE』に蒼波と吉田が登壇。ユニット結成を発表し、ファンの注目を集めた。

蒼波純コメント
こんにちは。吉田凜音ちゃんと、ずんねというユニットでデビューする事になりました。凜音ちゃんとはドラマでも共演だったし、これから一緒にすごせるのはうれしいです。大森靖子ちゃんに曲を作っていただき、サクライケンタさんにアレンジしてもらいました。ふたりともとても楽しんでいるみたいです。曲にはセリフがあって少女マンガの世界の片想いみたいでドキドキします。たくさんの方に聴いていただけたらうれしいです。

吉田凜音コメント
作詞・作曲が大森靖子さん、編曲・サクライケンタさん、すごい…! ほんとにすごいメンバー!
ずっと聴いてた側なので、このおふたりに作ってもらえて、すごいうれしいです!



「女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。」公式サイト


150801-TK-160001150801-TK-160002150801-TK-160003

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人