ケツメイシのさいたまスーパーアリーナ公演をWOWOWで独占放送

2015.07.28

150728-TK-131000

ツアーグッズのひとつ“Cheers ジョッキ”(ビールジョッキ型のライト)を手にしたお客さんに囲まれて会場に着くと、ステージの豪華な海賊船が出迎えてくれた。ケツメイシが全国16都市29公演で開催するアリーナツアー『ケツメイシ【アドベンチアーズ】KTM TOUR 2015 シモネティーナと4人の賢者 ~失われた聖水を取り戻せ~』の5ヵ所目。アリーナモードに解放されたさいたまスーパーアリーナは今ツアーでいちばん大きな会場となる。

オープニングを飾ったのは最新アルバム『KETSUNOPOLIS 9』からアグレッシブなヒップホップナンバー「EMERGENCY」。いきなり謎のダンサーに紛れてメンバーが登場する意表を突いた演出だ。2曲目の「カリフォルニー」でいよいよメンバーのベールが剥ぎ取られると、疾走感のあるトラックに呼応するように一気に大歓声が起こった。「2年ぶりの埼玉! 元気なんでしょうね!?」とRYO。自分の信じた道を貫けと歌う「逆転の発魂」で、会場の熱気はさらにアップした。

この日のライブでは曲の雰囲気に合わせてダンサーたちが次々に衣装を変えながら披露する華やかなダンスも見どころのひとつ。RYO、RYOJI、大蔵の声が変幻自在に絡み合う「Made in JAPAN」では和装のダンサーが優雅に舞い、RYOJIがスイートな歌声を聴かせたラブソング「Just for…」では白いドレスに身を包みゆったりと踊る。

そして、いよいよこのライブの目玉のひとつミュージカルコントが幕を開けた。ゲストにはアンタッチャブルの柴田英嗣が登場。メンバーが特殊能力をもった海賊団“メイシーズ”に扮した冒険譚を軽快なストーリーで描いていく。劇中には「ケツメンサンバ」「リディムドライバー」などの楽曲も織り交ぜながら、4人が真剣に演技に挑戦。相当な稽古を積んだと思わせる息のあったセリフ回しは圧巻で、30分にもおよぶ物語に会場の歓声が止むことはなかった。

「今回はアドベンチアーズということで初めてテーマ性を持ったツアーにしてみました。行く先々で冒険しながら乾杯しようということです」と、大蔵。1万7,000人の特大ウェーブが巻き起こると、いよいよライブはクライマックス。「LOVE LOVE Summer」や、「RHYTHM OF THE SUN」で会場は一体感に包まれた。

いつもお客さんと一緒に楽しむことを追求し続けるケツメイシ。そのライブは音楽の枠を超えて、誰もが夢中になれる究極のエンターテイメントショーだった。


番組情報

「ケツメイシ【アドベンチアーズ】KTM TOUR 2015
シモネティーナと4人の賢者  ~失われた聖水を取り戻せ~」
08/02(日)20:00~


番組公式ページはこちら

ケツメイシ OFFICIAL WEBSITE


150728-TK-1310001150728-TK-1310002150728-TK-1310003150728-TK-1310004

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人