Hello Sleepwalkers、ツアー・ファイナルで、ワンマン・ツアー第2弾の開催を発表

2015.06.29

150629-TK-143000

Hello Sleepwalkersがおよそ1年ぶりとなるワンマン・ライブ・ツアー『Quintet Laboratory』を開催。その最終公演が、6月28日、LIQUIDROOM ebisuにて行われた。

「五重奏の実験室」と題されたこのツアーは、シュンタロウ(g、vo)がSoundCloudにアップしているデモ音源を進化させたものをフル・コーラスで披露したり、既存曲に新たなアレンジを加えて披露したりと、まさに「公開実験的」コンセプトのもとに敢行。彼らの歴史と音楽的思考回路が体感できる、素晴らしいものとなった。

定刻を少し過ぎたころ、心臓の鼓動のようなSEに合わせてメンバーが次々と登場。そのたびにフロアからは大きな歓声が沸き起こり、観客がこの日をどれだけ待ち望んでいたのかが伝わってくる。

ナルミ(g、vo)とシュンタロウが登場したところでひと際大きな歓声が上がり、1曲目の「Ray of Sunlight」へ。徐々に熱を帯びて行く楽曲に合わせて観客の鼓動が高まってゆく中、2曲目「百鬼夜行」が投下される。男女ツイン・ボーカルの魅力を最大限に引き出したロック・ナンバーに、すでにフロアは大爆発! 前回のワンマン・ライブに比べ、明らかに音が太くなっており、ここ1年での彼らの経験と自信が音に現れているかのようだ。この時点ではまだ、演奏に堅いところも見受けられたが、観客にもっと伝えたい、近づきたいという彼らの切なる想いは、がむしゃらな演奏から痛いほどに伝わってきた。とくにナルミの歌声には想いが溢れ出しており、胸に迫るものがあった。

彼らの引き出しの多さを感じさせるシャッフル・ビート・ナンバー「デジ・ボウイ」まで一気に駆け抜けたあとは、「僕らが今までやっていない曲、新曲、インストもやるんで、楽しんで帰ってください。最後までよろしく!」というシュンタロウからの挨拶を挟んでインストへ。5人の卓越した演奏スキルと強烈な個性を見せつけるかのように、各パートのソロ、そして彼らの武器でもあるトリプル・ギターによるユニゾン演奏が披露される。これには観客も大盛り上がりで、ステージと観客との距離がさらに縮まった。

もともとHello Sleepwalkersとは、シュンタロウが家でひとりで遊んでいた「音楽」の楽しさを誰かと共有したくて、仲間に声をかけたのがきっかけで結成されたバンド。「ねえ、これ楽しいね!」と、無邪気に、そして純粋に5人で音楽を楽しんでいた彼らの輪は広がり続け、今やこれほどまでに多くの仲間を巻き込み、笑顔を生み出している。そんな光景を目の当たりにし、メンバーからも大きな笑みがこぼれ落ちる。セッションから流れるように披露された「Countdown」「砂漠」「月面歩行」は、より肉体的になった音に自然と体が動き、まるで音の洪水を全身で浴びているかのようであった。

先のシュンタロウのMCのとおり、今までライブで演奏されていなかった曲も披露。彼らがまだ上京する前、沖縄にいたときに制作された1stアルバム『マジルヨル:ネムラナイワクセイ』に収録されている「寝てる」だ。どうしようもなく無力な自分から逃げたいけれど、どうすることもできない。そんなシュンタロウの心情を吐露した一曲である。テクニカルで疾走感のあるギター・ロック曲が支持を得ている彼らだからこそ、こういった言葉とメロディの良さが際立ったミディアム・ナンバーがことさら胸に刺さる。観客も、その切なる想いにしっかりと耳を傾けているようだった。

立て続けに「23」を披露するという流れも素晴らしかった。これは「寝てる」と同じ時期に制作された「19」という楽曲を、23歳になったシュンタロウがリメイクしたもの。沖縄にいた19歳と、上京した23歳。その間に彼らの生活は大きく変化したけれど、ひとつだけ変わっていないのは、ずっと正体の掴めない「音楽」の姿を追い求めている自分たちの姿。彼らの歴史を、フロア全体で振り返ることのできたこのブロックは、実に胸に響くものがあった。

そして、ついにSoundcloudのデモ音源が披露される瞬間がやってきた。「神話崩壊」という、複数アップされているデモ音源の中でも特に攻撃的な楽曲だ。今までの彼らの楽曲にはあまり見受けられなかった、観客も一緒に声を出して盛り上がれるようなパートが組み込まれており、これからのライブでの盛り上がりは必至。お得意のパワフルかつスリリングな展開に魅せられ、観客も初めてフルで聴いたとは思えないほどに盛り上がる。その勢いのまま「円盤飛来」「Worker Ant」「猿は木からどこへ落ちる」「午夜の待ち合わせ」と、一気にキラー・チューンを畳み掛ける終盤戦へ。彼らの名を世に知らしめるきっかけとなった「午夜の待ち合わせ」のイントロがなった瞬間にフロアはぐちゃぐちゃになり、会場全体の温度も底抜けに上昇していった。

そして、「またここで待ち合わせようぜ!」というシュンタロウの叫びとともに、1年前のワンマン・ツアーから格段にスケールを拡大させ、彼らの成長をまざまざと見せつけることとなった『Quintet Laboratory』ツアーは締めくくられたのだった。

一向に鳴り止まない拍手の音に出迎えられて、メンバーがアンコールで再び登場。「5人でやる意味を改めて確認できました。実験成功です!」とシュンタロウが笑みをこぼす。そしてもう一曲、デモ音源からの新曲「夜明け」が披露されるとともに、彼らの次なる展開として、今秋、『Quintet Laboratory』ツアーの第2弾となる 「Phase2」「Underground」「Go Round」の3つのテーマに基づいたライブ・ツアーを計5カ所で開催することを発表した。

『Quintet Laboratory Phase2』はバンド史上初となるホール公演で、Hello Sleepwalkersの世界観を色濃く打ち出すライブになるとのこと。「Phase2」の文字どおり「次の段階」を表現する新たなる実験の場となる模様だ。またホール公演の「Phase2」とは対照的に、大阪・名古屋で行われる『Quintet Laboratory Underground』は、バンド史上最も激しく、アンダーグラウンドな「超接近戦」のライブとなる。そして『Quintet Laboratory Go Round』は、自身初となる広島・福岡でのワンマン・ライブを開催。さらに彼らの勢いを各地へ拡大させて行く格好だ。

今回のツアーは、10月22日広島BACK BEATからスタート。この発表に伴い、現在、チケット最速先行予約としてオフィシャルサイトにて受付を開始している。「Go Round」「Underground」「Phase2」とそれぞれ銘打たれた「五重奏の実験室」で、彼らがどのような実験結果を発表してくるのか、期待は高まる一方だ。

シュンタロウ(vo&g)コメント
新しく発表になった『Quintet Laboratory』第二弾では、第一弾以上に新しい試みに挑戦しようと思う。それぞれのライブ・テーマが個性的だから、どんな実験ができるかすごく楽しみで作戦を計画中! みんなと一緒に新しいHello Sleepwalkersを発見できるようなライブにしたい!


オフィシャル先行受付URLはこちら。

シュンタロウ Soundcloud

Hello Sleepwalkers OFFICIAL WEBSITE


150629-TK-143002150629-TK-143003150629-TK-143001150629-TK-143004

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人