「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」完成披露プレミア上映会で生駒里奈が涙

2015.06.28

150628-CI-223000

乃木坂46初のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」(7月10日公開)の完成を記念して、全国46の劇場を中継で結び、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて完成披露プレミア上映会が行われた。

結成4年目に突入し、大ブレイク直前の乃木坂46。グループの記録映像やメンバーのインタビューを通して、それぞれの成長を描いた本作のテーマは「人は変われる」。メンバーはいつもの制服姿とは打って変わってドレッシーな出で立ちで登場し、会場に向かって「いいかがですか?」と呼びかけると、満席の会場は盛大な拍手で応えた。

乃木坂46の一人ひとりをより鮮明に捉えるために、母親への取材を行い、全編を通して母親から娘に宛てられた手紙のような構成になっていることから、生駒里奈がお母さんへの気持ちを語るうちに感極まって涙を流すひと幕もあり、感動的なムードに包まれた。

そして、舞台上ではお母さんからの手紙を読むナレーターとして、女優の西田尚美さんが参加していることが明かされ、さらに、この完成披露上映をもって未発表曲「悲しみの忘れ方」が主題歌に決定したことが発表された。

「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」完成披露プレミア上映会
【日時】6月28日(日)
【会場】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
【登壇者】乃木坂46(西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、橋本奈々未、生駒里奈、若月佑美、秋元真夏、桜井玲香、深川麻衣)、丸山健志監督

◆最初の挨拶
白石:白石麻衣です。全国のスクリーンでご覧のみなさん。乃木坂46初のドキュメンタリー映画はいかがでしたでしょうか? すごく緊張していますが、今日は最後までよろしくお願いします。
西野:西野七瀬です。大阪の皆さん、観ていますか? ぜひ皆さんの感想を伺いたいので、皆さんからの感想を待っています。
生駒:秋田県のみんな観ていますか! 秋田で上映されるというのが、すごくうれしいです。また会場にもたくさんの方がいらっしゃってくださって、とてもうれしいです。あとで皆さんからの感想を聞かせていただけたらと思っています。本日は一日よろしくお願いします。
生田:今日はメンバーみんなの衣装が違っていたり、会場の空気もいつもと違うので緊張しています。本日はよろしくお願いします。

◆監督、今回の映画は母親目線で描かれていましたが、これは最初から構想にあったのでしょうか。
監督:最初はそういった考えはなく、当初は乃木坂46に入る前の彼女たちと入ったあとの彼女たちがどう変化したのかを描こうと思っていました。しかし取材をしていくと彼女たちのなかで母親の存在がすごく大きかったので、より深く彼女たちを知るために、メンバーの母親たちに取材を依頼しました。

◆最初はどのようなものを作る予定だったのでしょうか。
監督:今観て頂いた映画から、母親視点をなくしたものになります。乃木坂46に入る前の彼女たちと入ったあとの彼女たちをテーマに描こうと思っていました。

◆母親のナレーションは女優の西田尚美さんですが、なぜ彼女を起用したのでしょうか?
監督:西田さんの演技が個人的に好きだというのもありますが、西田さん自身母親ということもあり、観ていただいた方が感情移入しやすいのではないかと考え、オファーしました。

◆撮影中に印象的なエピソードはありましたか?
白石:デビュー当時から、いまの私たちの約4年間までのすべてがぎっしり詰まった内容で、ところどころ胸が苦しくなるようなところもありました。この作品を観て、辛いこともありましたが、それを乗り越えて、みんなで頑張って来たからこそ今の乃木坂があるのだなと思いました。また改めて、乃木坂をもっと大事にして頑張ろうと思いました。
生田:母親目線でつくられているこの映画を、私は親になったような気持ちで観ていました。ファンの皆さんも親目線でメンバーを観るのは初めてだと思います。この作品を観て、もっと乃木坂46を好きになってくれたらうれしいなと思います。
西野:おじいちゃんの家で鍋を食べたのですが、食べているところをずっと撮られていたので少し食べづらかったのです。でも、久しぶりに家族で食事をできたので、すごくうれしかったです。

◆乃木坂46に入って変わったのを実感した瞬間をお聞かせください。
生駒:私はそんなに人と関わることが好きではありませんでした。でも、乃木坂46に入って人生が変わりました。乃木坂46に入って私は自分の意見を人に言えるようになりました。乃木坂46に入った8月21日に私の人生は変わりました。朝ご飯を出すときに、私の食器を出せなくなって悲しいと言った母の言葉を聞いたときは、すごく申し訳なかったです。もっとお母さんと一緒に暮らしたかったけど、乃木坂46に入れたからこそ、そう思えるようになったし、お母さんも応援してくれているのがわかったので、映画を通して私だけじゃなくお母さんも戦っていたんだと知って、今まで頑張って良かったなと思いました。

◆リーダーの桜井さんより最後のひと言。
桜井:初期から私たちを見てきていただいている丸山監督が、私たちが普段なかなか皆さんにお伝えできないような素顔を今回映画として作ってくださいました。この映画を観てどういう反応を皆さんがされるか、どういう風に思われるかわからないので、不安な部分もありますが、皆さんが観てどのように捉えるかでこの映画は完成すると思いますので、皆さんと一緒にこの映画を完成させられたらうれしいです。

皆さんは、いまカメラ前に立っているアイドルの私たちを応援してくださっていると思うのですが、それと一緒に普通の女の子としての私たちも好きになってくださるとうれしいです。そして今日は46館の中継で観てくださっている皆さんもいらっしゃると思いますが、皆さんにも直接お会いしにいく機会がつくれるように、これからも頑張ってまいります。これからも乃木坂46とこの映画のことを、どうぞよろしくお願いします。

映画情報

「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」
7月10日(金)公開
企画:秋元康
出演:乃木坂46
上映時間:120分
配給:東宝映像事業部
(C)2015「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会


「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」公式サイト

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE


150628-CI-223001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人