奥 華子、ももクロ高城れにと待望の初共演

2015.06.26

1506126-TR-090000

シンガー・ソングライターの奥 華子が、6月25日放送のフジテレビNEXT「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」に初出演し、ももいろクローバーZの高城れにと初コラボ、自身の楽曲「Birthday」のスペシャル・バージョンを披露した。

「佐々木彩夏×高城れに生誕祭」をテーマに生放送された今回、高城れに宛てに送られてきた視聴者からの楽曲リクエストにより初コラボが実現。奥 華子の「Birthday」は、同番組内4月15日誕生日の坂崎村長を祝う回で、高城れにが歌唱した思い出の楽曲で、奥 華子は熱いリクエストに応え1曲披露するために駆けつけた。

ふたりの初対面となった番組リハーサル時には、奥 華子の生の歌声を聴き、高城れにが感極まり、涙を流す場面も。“声だけで泣ける”と称される奥 華子の歌と高城れにの透明感のある歌声のハーモニー、そして何度も目を合わせながら笑顔で歌うふたりの姿に、スタジオ内はあたたかい雰囲気でいっぱいになった。

Twitter上では「もっと聴きたい」「コラボ最高だった」と多くの声が寄せられ、まさに「偶然 同じ時代(とき)に生まれ 偶然出会えたこの奇跡…」とふたりが歌った奥 華子の「Birthday」の歌詞のとおり、番組が引き寄せた素敵な初コラボとなった。

初コラボを披露した奥 華子は「前から、れにちゃんが自分の歌を歌ってくれていたことは知っていたのですが、今日初めてお会いして一緒に歌えたことがとてもうれしかったです。生誕祭ということで、お祝いの気持ちで歌いましたが、まっすぐな気持ちで私の歌を歌ってくれる、れにちゃんの姿に、かえって私がパワーをもらいました。またどこかでご一緒できればうれしいです!」とコメントを寄せた。

今年7月にデビュー10周年を迎える奥 華子は、「泣ける」「切ない」と口コミだけで広がり、いつしか動画サイトの再生回数が累計1,500万回を超えた名曲「楔 -くさび-」を、7月22日に10周年記念シングルとしてリリース。

同曲は、奥 華子が今の高城れにと同じ22歳頃に手がけた、“恋愛の切なさや儚さ、人の気持ちを繋ぎとめられるものはあるのだろうか”、そんな思いが込められた、彼女の“恋うた”の根本になっている楽曲だ。10周年記念シングルとして発売に先がけ現在iTunes限定で先行配信中。インディーズ時代の音源に比べ、 より切なさを倍増させる壮大なストリングス・アレンジに、10年分の想いと一緒に奥華子が新たな息を吹き込み生まれ変わった「楔  -くさび-」は必聴だ。


リリース情報

2015.07.22 ON SALE
SINGLE「楔 -くさび‐」


奥 華子 OFFICIAL WEBSITE


 

1506126-TR-090001 1506126-TR-090002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人