SPICY CHOCOLATE、浅田 舞が初主演した新曲MV公開

2015.06.24

1506124-TR-110005

7月1日より配信がスタートする、SPICY CHOCOLATEの新曲「ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE」のミュージック・ビデオに、ジャケット写真に引き続き、浅田 舞が“主演女優”として出演していることが明らかとなった。

浅田 舞が主演として映像作品に出演するのは初。「実は、俳優さんを相手に演技をする仕事は初めてで、前日は緊張と楽しみで全然寝れませんでした。撮影スタッフや相手の俳優さんのサポートに助けられ、役柄になりきってみました(笑)」と緊張しながらも撮影を楽しんだ模様だ。さらに、キス・シーンの撮影も初体験。「演技の初心者なので、頑張ろうとせず、考えすぎないようにしました。キス・シーンの撮影という貴重な経験をさせてもらえたので、楽しんで演技しました」と素直にコメントしている。

一方、浅田 舞を起用したKATSUYUKI a.k.a DJ CONTROLERは、完成したミュージック・ビデオについて「スケートをやられていた方なので、指先や表情など、細かな表現の魅せ方が素晴らしくて、本当に美しいなと感じました」と賛辞のコメントを寄せた。

「ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE」は本日6月24日よりレコチョク独占先行シングルの配信がスタート。“二人に物理的な距離があったとしても、二人は「愛」で繋がっていると、互いに信じる”という力強く、純粋なラブ・ソングとなっている。

そして、SPICY CHOCOLATEが主催するイベント『渋谷レゲエ祭2015』のチケット第4次抽選先行も現在受付中。ジャパニーズ・レゲエ・シーンの重要人物が集まる本イベント、チケット確保はお早めに。

浅田舞 コメント
Q.ミュージックビデオ撮影の感想を教えてください。
「実は、俳優さんを相手に演技をする仕事は初めてで、前日は緊張と楽しみで全然寝れませんでした。早朝に、いちばん最初に撮影したのが物語の中でいちばん大切なシーンで不安でしたが、撮影スタッフや相手の俳優さんのサポートに助けられ、役柄になりきってみました。撮影中は、海に入ったり遊んだり、動きのあるシーンがたくさんあって、楽しみました」

Q.キスシーンの撮影について感想
「演技の初心者なので、頑張ろうとせず、考え過ぎないようにしました。キスシーンの撮影という貴重な経験をさせてもらえたので、楽しんで演技しました」

SPICY CHOCOLATE KATSUYUKI a.k.a DJ CONTROLER コメント
こちらからお願いしたものの、まさかジャケット写真に加えてミュージック・ビデオへの出演も御快諾いただけるとは思っていなかったので、正直驚いています。
海辺で浅田さんが踊るシーンがあるんですけど、スケートをやられていた方なので、指先や表情など、細かな表現の魅せ方が素晴らしくて、本当に美しいなと感じました。

今回のMVは、ストーリー性のあるMVだったので、演技シーンが多めだったんですけど、どんな演技になるのかは出来上がるまで想像できませんでした。
ですが、初めて見たとき「歌詞とリンクしていてすごい! 完璧!」と思いました。

浅田さんの美しさはもちろんですが、とにかく海がとても綺麗に映っているので、これからの季節、カップルや大切な人と海に行って、「ずっとマイラブ」を聴いてほしいなと思いました。


リリース情報

2015.07.01 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE」


イベント情報

「ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE」配信記念 七夕イベント
07/01(水)東京・ドリーム*ステーションJOL原宿
出演:SPICY CHOCLATE、HAN-KUN、TEE
ゲスト出演:浅田舞

渋谷レゲエ祭 2015
09/12(土)東京・新木場STUDIO COAST
出演:SPICY CHOCOLATE、TAK-Z、寿君、NATURAL WEAPON、KYO虎、NASU、BIG BEAR、HISATOMI、RAY、RYO the SKYWALKER、MUNEHIRO、TEE、JASMINE、KEN-U、CHEHON、N.O.B.U!!!、當山みれい、RED SPIDER、INFINITY 16、KENTY GROSS、BES、APOLLO


SPICY CHOCOLATE OFFICIAL WEBSITE


1506124-TR-110008

150609-TK-154501

150609-TK-154500

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人