ミューズ、最新作『ドローンズ』が世界のチャートを席巻

2015.06.19

150609-TR-110003

ミューズが6月10日にニュー・アルバム『ドローンズ』をリリースし、ここ日本でも堂々の洋楽チャート1位を記録したが、先日全米チャートが発表となり、初週で84,200枚を売り上げ、バンドにとって初の全米アルバム・チャート1位を記録。 現在22ヵ国で1位を獲得し、世界中のチャートを席巻している。

1位を記録したのは、地元イギリスはもちろんのこと、フランス、日本(洋楽チャート)、オーストラリア、オランダ、ベルギー、スイス、ノルウェー、ニュージーランド、アイルランド、アルゼンチン、コロンビア、デンマーク、フィンランド、香港(Int’lチャート)、韓国(Int’lチャート)、ポルトガル、ロシア(iTunesチャート)、スロヴェニア(Int’lチャート)、シンガポールと台湾、そしてアメリカの22ヵ国。他にも、イタリア、カナダ、オーストリア、スウェーデン、ギリシャでは2位を、そしてドイツとインドネシアでは3位を記録している。

各国のメディアからもこの最新作『ドローンズ』は多くの賞賛を受けており、ローリング・ストーン誌は「ミューズが火を噴くようなロックを取り戻し、新たな情熱と共に素晴らしい作品を生みだした」と評しているほか、USAトゥデイ誌では「この3人は音楽的にも取り上げる題材的にも最高水準に到達した」、レビューで最高得点の5Kを点けたケラング!誌では「高潔なるロックという名において、可能性のあるすべてのものを鋭く研ぎ澄ませた、まるで追いつめられるかのような感覚を覚えさせる名作」と絶賛している。ほかにも「新たなるクラシック・プログ・ロックの金字塔」(NME誌)、「驚異的な美しさ」(サンデイ・タイムズ紙)、「スリリングな狂気」(テレグラフ紙)など、ファンだけでなく批評家たちからも大きな支持を得る作品となっている。

1994年に結成したマシュー・ベラミー、ドミニク・ハワード、クリス・ウォルステンホルムの3人からなるミューズは、今までに7枚の作品を発表。累計アルバム・セールスは1,700万枚を超え、グラミー賞Rのベスト・ロック・アルバム賞のほか、アメリカン・ミュージック・アワードなど多数の音楽賞を受賞、音楽誌主催のアワードでもベスト・ライブ・アクト、ベスト・アルバムやベスト・ブリティッシュ・バンドなどの賞に輝き、最近ではソング・ライターのための音楽賞、アイヴァー・ノヴェロ賞でも「インターナショナル・アチーブメント」部門を受賞している。前作『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』も世界のチャートを席巻しており、この作品からの楽曲「マッドネス」はアメリカのモダン・ロック・チャートにおいて19週連続1位という最高記録を打ち立てている。

7月に開催される『FUJI ROCK FESTIVAL ‘15』へのヘッドライン出演も決定しており、この最新作発売とフジロック出演を記念し、最新作『ドローンズ』の国内盤(通常盤、DVD付スペシャル・エディション)の購入者を対象とした応募抽選企画も行われている。これは最新作を購入した人に応募はがきを渡し、抽選で100名に「MUSE特製タオル」をプレゼントするというもの。詳細はワーナーミュージック・ジャパンのサイトでチェックしよう。


リリース情報

2015.06.10 ON SALE
ALBUM『ドローンズ』


ミューズ ワーナーミュージック・ジャパン OFFICIAL WEBSITE


150609-TR-110004

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人