さユり、ノイタミナアニメEDでデビュー!ビジュアル解禁

2015.06.18

150618-TK-133000

まだあどけなさが残る、この儚げな少女は誰だろう。幼さがにじみ出ているのに、何かを達観しているような、白い服を着ているのに、影を感じる圧倒的な存在感……。この少女こそが、今、最も注目されているビジュアル・アーティスト・YKBXがあらたに手がけるシンガー・ソングライターの、さユり」(さゆり)だ。

YKBXはトータル・アート・ディレクションを目指した 作品を数々リリースし、amazarashiや初音ミク・ボーカロイドオペラ「THE END」での、すべてのビジュアル・ディレクション・ 演出・映像ディレクターを務めるなど、 国内外の映画祭やイベントでも高く評価されている、新進気鋭のビジュアル・アーティスト。今回のティザー・ビジュアルのクリエイトもそのYKBX。酸欠少女さユりの世界観の序章となるビジュアルになっている。amazarashiや初音ミク・ボーカロイドオペラ「THE END」などで独特の世界観を作り上げた「YKBX」のクリエイティブが「さユり」自身の魅力と混ざり合って、絶妙な「美しき翳(かげ)」の世界観を醸し出している。

さユりは切なく前向きに翳を歌う、人と違う感性と価値観に日々優越感と同じくらいコンプレックスをもつ現代の10代〜20代特有の精神性を持った、19歳のほろ病みシンガー・ソングライター。活動範囲も、ストリートでアコギをかき鳴らして歌ったと思えば、インターネットの世界のみで活動したりと、現実にいるような、フィクションのような…、いわゆる2.5次元を漂うアーティスト。

普通の人と一緒に普通に生きていくことの辛さや、苦しさのなかに見つけたひとつの目標に貪欲に執着するさまを、生々しいからこそ美しく描く、さユりが生み出した独特の世界観である「翳」。彼女の曲の歌詞に表れる「ほろ病み」感は、まさにこの「翳(かげ)」そのものなのだ。

その歌世界に共鳴するさユりマニアが続出、「酸欠少女さユり」の存在は早くも話題となり、なんと、7月2日よりフジテレビ ノイタミナ他にて毎週木曜日24:55〜放送のアニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」のエンディング ・テーマに「ミカヅキ」が決定。

さらに、この「ミカヅキ」をデビュー・シングルとして8月26日に発売することも決定。シングル発売に向けたあらたなるキー・ビジュアルや情報公開など、今後もたくさんの仕掛けが用意されているようなので、今後も目が離せない。


番組概要

「乱歩奇譚 Game of Laplace」
7月2日よりフジテレビ「ノイタミナ」にて毎週木曜24:55~放送開始ほか各局でも放送開始


リリース情報

2015.08.26 ON SALE
SINGLE「ミカヅキ」


「乱歩奇譚 Game of Laplace」公式サイト

YKBX 公式サイト

さユり OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人