クールスのトリビュートに藤井フミヤ、CKB横山剣らコメント

2015.06.15

150615-YM-19120000

8月5日に発売されるクールスのデビュー40周年トリビュート・アルバム『A TRIBUTE TO COOLS “GET HOT COOL BLOOD BROTHERS”』の全貌が明らかとなった。

先日、クレイジーケンバンド、藤井フミヤ、横浜銀蝿、CONNYY(ザ・ヴィーナス)、キノコホテルの5組の参加が発表され、大きな話題を呼んでいた本作。今回は、参加アーティスト、収録楽曲、ジャケット写真、参加アーティストからのコメントが公開された。

なお、本日6月15日より、各CDショップにて予約が開始される。アルバム、同日に発売されるシングルの詳細はオフィシャル・サイトで確認しよう。

<収録予定曲>
クールス / 「泣きながらツイスト」※新曲
藤井フミヤ / 「シンデレラ」
横浜銀蝿 / 「Tバード・クルージング」
クレイジーケンバンド / 「恋の炎は燃えて」
CONNY / 「シンデレラ・リバティ」
キノコホテル / 「薔薇の刺青」
Kozzy Iwakawa and B.A.D Allstars / 「いかしたグッドモーション」
伊集院幸希 / 「Mr.ハーレー・ダビッドソン」
Yellow Studs / 「紫のハイウェイ」
バンヒロシ(バンビーノ) / 「バースデイ」
JABBERLOOP / 「Climax」
THE TOKYO / 「ひびわれたグラス」
“Ye Crack (チャーリー森田 & 小林ヨシオ)” / 「追憶」

参加アーティスト・コメント

シンデレラを聞くとティーンエイジャーの頃の思い出が蘇る。
思い起こせば不良少年だった青春時代。この曲を何度歌い踊ったことか。
COOLSに憧れ、R&Rや50’SやBIKERのスタイルを学んだ。
今回のトリビュートアルバムでシンデレラを歌った事を
タイムマシーンに乗って、あの頃の自分に教えてあげたい。
藤井フミヤ

クールスの人気が爆発したのはトリオレコード時代の『BE A GOOD BOY』~『THE COOL』の頃だったと思いますが、元オートバイ・グループとしての香りを色濃く残すキングレコード時代のCOOLS のヨーロピアンな香りと品格、過激なまでに洗練されたクールネスはあの時代の神宮前周辺の磁場と見事に一致し、そこにミラクルの数々が起こるべくして起こったんだと思います。
そんな時代の空気感をたっぷり含んだ1stアルバム『黒のロックンロール』から作詞:たちひろし、作曲:ジェームス藤木、「恋の炎は燃えて」を選曲させていただきました。
カバーというより、コピーというより、モノマネって感じですが、果たしてあの時代の空気感を音の中に呼び込めたでしょうか。その辺りがとても気になります。
イイネ! イイネ! イイネ!
横山剣(クレイジーケンバンド)

デビュー40周年おめでとうございます。
「Mr ハーレー・ダビッドソン」を初めて聴いたときの衝撃は忘れられません。
クールスの、ロックン・ロール・バンドでありながら、どこかソウル・ミュージックのテイストを感じさせてくれる音楽に心からリスペクト! これからもご活躍を期待しております。
伊集院幸希(Sugar Hi Junnie)

僕も無類のバイク好きでして、愛車CB750F(Z)を乗りながら曲のアレンジを考えてました。
そしたらポンっとイメージが湧きあがりまして、勢いに任せてそのままレコーディングに臨みました。
楽しかったです。結局このひと言で締まりますね。参加できて光栄です。
Yellow Studs

今から40年前、京都会館の楽屋に忍び込んでジェームスさんに「京都クールスを作りたいので許可を頂きたいのです」と懇願した少年は僕でした……。
あなたの「好きにしたら?」って言葉を真に受けて、いまだにロックンロール修行をさせていただいております。
その幻の京都クールスのレパートリーを今、こうしてお祝いアルバムの中で披露出来るとは夢のようです。生きてて良かった!
キープ・オン・ロッキン!!
バンヒロシ

デビュー40周年おめでとうございます。記念すべき年にトリビュート・アルバムに参加させていただき光栄です。
我々JABBERLOOPもクールスの皆さんのように音を愛し愛され続けるバンドを目指し精進します! 本当におめでとうございます。
JABBERLOOP

バイク、ロックンロール、ジュークボックス、喫茶店、今よりも少し遠かったアメリカ。
俺達が憧れた時代はもう生きる事が出来ないと思っていたけど、トリビュートに参加して、少しだけそんな憧れた時代に連れていって貰えた様な気がしました。
クールストリビュートを聴いた人が、今の自分と同じ気持ちなら嬉しいです。
THE TOKYO

クールス結成40周年、おめでとうございます !
クールスの作品はどれも大好きですが、今回はその中でも特に好きなアルバム山下達郎氏プロデュースの
『NEW YORK CITY N.Y.』からの曲をカバーさせていただきました!
“Ye Crack(チャーリー森田 & 小林ヨシオ)”


リリース情報

2015.08.05 ON SALE
ALBUM『A TRIBUTE TO COOLS “GET HOT COOL BLOOD BROTHERS”』


クールス OFFICIAL WEBSITE

150615-YM-19120001


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人