高知発の“超絶無名”女子バンド、sympathyがビクター新レーベルよりデビュー

2015.06.02

150602-TR-110004

ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEが、話題のシティ・ポップ・グループAwesome City Clubに続く第2弾新人として、高知県の高校の部活で結成された女の子4人組バンド、sympathy(シンパシー)と契約したことを発表した。

同レーベルからの第1弾リリースとなるミニ・アルバム『トランス状態』は7月15日にリリースされる。

全国的にはまったく無名の女の子4人組がいきなり手にした、シンデレラ・ストーリー。sympathyは柴田ゆう(vo、g)、田口かやな(g)、今井なつき(b)、門舛ともか(ds)からなるロック・バンド。メンバー全員19歳、昨年春に高知市の同じ高校を卒業したばかりだ。

きっかけは、昨年夏に初めて(そして現時点では唯一)東京のライブハウスに出演したことだった。たまたま別のバンドを観に来ていた現所属マネージメント社長がsympathyのステージに衝撃を受け、さらに会場で入手した1stミニ・アルバム『カーテンコールの街』を聴いて、その圧倒的な才能を確信。音源を紹介されたCONNECTONEレーベルに至っては、なんとライブも観ずして契約にこぎつけてしまった。たった1回のライブハウス出演でデビューをモノにしてしまうという、とてつもない引きの強さを持っている。

柴田と田口というふたりの有能なソングライターを中心に、10代の女の子のみずみずしい感性が爆発している2ndミニ・アルバム『トランス状態』は、驚異的なスピードで進化を続ける4人の現在を刻み付けた6曲を収録。柴田の個性際立つボーカル、LINE、twitter、skypeを駆使しながらメンバー全員で書き上げたという歌詞、そしてドライブしまくるバンド・アンサンブル。ここにきて盛り上がりを見せるガールズ・バンド・シーンに、ひときわ存在感を放つ新星が登場した!


リリース情報

2015.07.15 ON SALE
MINI ALBUM『トランス状態』


sympathy OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人