TUBE、30年目のデビュー記念日に“感謝熱烈”武道館ライブ

2015.06.02

150602-TR-090010

1985年6月1日に「ベストセラー・サマー」でデビューして30年を迎えたTUBE。デビュー日の記念ライブとして6月1日に日本武道館にて『TUBE 30th Anniversary 感謝熱烈YEAR!!!~こまめに水分補給~ at 日本武道館』を開催した。

武道館での公演は、2006年に開催した『TUBE LIVE AROUND 2006 YOUR HOMETOWN』以来、じつに9年ぶり。チケット発売直後に即完売となった超プレミア・チケットを手にした11,000人のファンが全国から集まった。

場内は開演前から“TUBE”コールが沸き起こりお祝いムード一色。デビュー当時“青と白”がテーマカラーだったTUBEだが、この日は白を基調とした衣装でステージに登場し、「夏を待ちきれなくて」でオープニングを飾った。「ようこそ! 今日は6月1日。このバンドは1985年の6月1日にデビューしました。今日がTUBEの30歳のバースデーになります!」と前田が言うとファンは大きな拍手と歓声を贈った。

そして6月17日に約3年ぶりとなるTUBE初の2枚組オリジナル・アルバム『Your TUBE + My TUBE』をリリースすることを発表。日本を代表するアーティストたちが“TUBE”をイメージして書き下ろし提供した楽曲を収録した『Your TUBE』から2曲披露。

「いちばん夏が似合わないと思う、この人が夏の曲を作ったらおもしろいだろうなって思って一番最初にオファーをしました」と言い、冬女王=広瀬香美が夏の貴公子=TUBEに送った曲「おかげサマー」、さらに「もう1曲、怒髪天。我々とキャリアがほぼ一緒、ロックンロール・バンド。一度も絡んだことがありませんでした。彼らがTUBEをリスペクトして作ってくれたナンバー」と紹介し、怒髪天のメンバーが作詞作曲した「夏番長」を、男性ダンサーふたりを率いての応援団風の振り付けで披露し会場は大いに盛り上がった。

そして、前田亘輝&春畑道哉コンビが南の島で楽曲制作合宿を行い書きあげた『My TUBE』からは、「ドラスティック湘南」と「裸足のラッキーガール」が演奏され、“これぞ!”と言うべきTUBEサウンドでオリジナルアルバムを待ちわびていたファンを喜ばせた。

メンバーとファンとの一体感に満ちたステージを展開するなか、「きっと どこかで」、「プロポーズ」ではストリングス構成で演奏、壮大なサウンドと熱のこもった前田の歌声で大きな感動を呼んだ。また、「ビーチタイム」では青と銀両面のテープがステージ前方から噴射され、アリーナ席の宙をキラキラと舞った。

そして「SUMMER DREAM」「夏を抱きしめて」と日本の夏を彩ってきたTUBEのヒット曲で畳みかけた後、メドレーではTUBEファンには言わずと知れたコーラスの伊藤一義氏が登場。TUBEメンバーと息のぴったり合ったトークとハーモニーで会場を盛り上げた。

アンコールには春シングル「いまさらサーフサイド」、さらに翌日の6月2日にリリースする夏シングル「SUMMER TIME」も披露。そして最後のMCでは「今日の武道館もそうです。それから毎年みんなが遊びに来てくれる、暑いキツい野外スタジアムもそうです。負けそうになりながら一生懸命やってる我々に、みんながパワーを与えてくれたから、ここまでやってこれたんだなってつくづく感じます。月並みな言葉だけど、本当にみんなありがとう! そして、これからもよろしく!」と感謝の気持ちを語った。

2枚組アルバム『Your TUBE + My TUBE』からは全7曲が初披露されたほか、TUBEの人気を不動のものにした数々の大ヒット曲から、ファンにはたまらない往年の名曲たちまで、選りすぐりのセットリストで構成。80年代から40年史をまたにかけて活動してきたTUBE。日頃から応援してくれているファンへの恩返しの気持ちを込めながら、昔も今もずっと変わらない夏バンド=TUBEの魅力を余すことなく披露した。

ステージも客席も終始笑顔に溢れ、これからも続くTUBEの歴史に新たな1ページを刻む思い出の一夜となった。この日本武道館公演を皮切りに12月まで全国ホール・ツアー『TUBE LIVE AROUND 2015 Your TUBE + My TUBE』を開催し、30年間の感謝の気持ちを直接全国のTUBEファンに届けに行く。


リリース情報

2015.06.02 ON SALE
SINGLE「SUMMER TIME」

2015.07.15 ON SALE
ALBUM『BEST of TUBEst ~All Time Best~』


TUBE OFFICIAL WEBSITE


150602-TR-090011 150602-TR-090012 150602-TR-090013 150602-TR-090014

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人